• 印刷する

テイクオフ:イベント会場の昼食、テ…

イベント会場の昼食、テーブルで隣に座ったのは、ある企業の最高経営責任者(CEO)。出張で訪問した日本について、料理も景色も接客も最高だよと褒めてくれたが、突然、真顔で「実は、教えてほしいことがある」という。

一体何かと身構えたが、「おじぎは、どのタイミングで止めたらいいんだ」。駅で顧客に見送られた時、車両の扉が閉まってもホームの相手はおじぎを止めず、車内でCEOもペコリペコリと続けたそうだ。「おじぎ何回で止めるとか、決まっていないのか」。ルールはありませんと言って笑ったが、CEOは真顔のままだった。

その後もCEOは、「腰は痛くならないのか」「角度はどう決める」とおじぎ話を続けた。日本でのおじぎ体験は印象的だったようだ。ではお先にと立ち上がったCEOは、おじぎをしかけてから「いや、マレーシア式で」と、笑いながら手を振った。(北)


関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

KDDI、統合マネージドソリュの提供開始(01/21)

通信塔建設で外国3社と覚書、ICT省(01/21)

エアアジア、ロンボクを拠点空港に設定(01/21)

イケア、ハノイで4.5億ユーロの投資計画(01/21)

タイ・マレー国境の24時間開放、4月に試験(01/21)

吉利集団、中国でロータス車生産へ(01/21)

新車販売、12月は11.9%減 GST撤廃後の消費一服感続く(01/18)

RM=26.4円、$=4.11RM(17日)(01/18)

【アジア三面記事】呪われたスーツケース(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン