• 印刷する

テイクオフ:「汚い札は受け付けない…

「汚い札は受け付けない」。買い物の支払いでもめることがある。紙幣が破れていたり、表面が真っ黒だったりする場合は確実に拒否される。インド独立の父マハトマ・ガンジーの偉大な顔の上が計算式で埋め尽くされていて駄目なこともある。通貨の価値をなくした札は、ただの紙切れだ。

市場では、こうした「仲間はずれの札」が、次々と人から人に回っている。汚い札を他の札の間に挟んで支払いを済ませても、後日に他の店主から見透かされたように汚い代物をお釣りとして渡される。すぐに気付いて交換を申し出ても、「いやだ」と一蹴され、取り合ってくれなかったこともある。

汚い札はまだ数枚持っている。他の札に紛れ込ませて、これからも雑貨店でたばこや菓子などを買い続けるだろう。対策として、最近はお釣りで渡される札の枚数と状態の確認に念を入れている。(と)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

勃興するスタートアップ 技術のインド、親和性のASEAN(09/24)

テイクオフ:モディ政権幹部の間で、…(09/24)

編集長がアジア近況を語る、NNAセミナー(09/24)

モディケア始動、対象者は5億人以上(09/24)

ウシャマーティン、鉄鋼事業をタタに売却(09/24)

アルミ業界、輸入制限の発動を要請(09/24)

二輪車TVS、メキシコで販売店40店開業へ(09/24)

米レミットリー、22年に送金シェア4割へ(09/24)

伊べネリ、工場増設に向け専門部署を設置(09/24)

【予定】24日 日米貿易協議の第2回閣僚級会合ほか(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン