モン州名所のケーブルカー、7月末完成へ

ミャンマー東部モン州の観光名所チャイティーヨー・パゴダ(仏塔)で開発中のケーブルカーが、7月末に完成する見通しだ。政府系英字紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーが14日伝えた。

開発・運営を担う韓国とミャンマーの合弁会社スカイ・アジアが明らかにした。チャイティーヨー・パゴダは、落ちそうで落ちない黄金の岩「ゴールデンロック」で有名で、信仰の対象になっている。事業費は2,000万米ドル(約22億7,000万円)に上り、現在は大半の建設作業が完了している。

ケーブルカーは、ヤテ山からチャイティーヨー・パゴダまでを約10分で結ぶ。1台当たり8人を輸送できるケーブルカーを43台投入する予定で、フランスから既に輸入した。

スカイ・アジアは2014年、ホテル・観光省から同事業を受注したものの、建設工事が大幅に遅れ、昨年3月までに完成させる取り決めを実現できなかった経緯がある。


関連国・地域: 韓国ミャンマー
関連業種: 経済一般・統計運輸・倉庫観光・娯楽社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

オフィス賃料の下落が継続 ヤンゴン、相場上昇まで数年か(04/27)

相次ぐ中国の高官来訪、影響力拡大を視野(04/27)

自動車部品業界、輸入車の新政策で苦境(04/27)

政府の低価格住宅事業、ローン金利引き下げ(04/27)

ネピドーで韓国支援の国際大学、20年開校へ(04/27)

台湾政府、ラカイン州の農業分野など支援(04/27)

サッカーの英リーズ、予定通りミャンマー訪問(04/27)

軍系野党、難民の移動の自由容認に猛反発(04/27)

3年後に縫製品輸出50億ドルへ 昨年は20億ドル、飛躍にらむ(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン