• 印刷する

テイクオフ:キャッシュレス化が進行…

キャッシュレス化が進行すると、現金払い派は肩身が狭くなっていくのか。

カード払いが相当普及しているジャカルタでは、現金で払おうとすると、たまに「釣り銭がないんです」と言われることがある。「1万ルピア札(あるいは2万ルピア札)はありませんか?」と尋ねられることも。例えば16万ルピアの買い物で、20万ルピアでなく21万ルピアを払ってくれれば、5万ルピア札でお釣りが払えるというわけだ。多くのインドネシア人のように、いつもデビットカードで支払うようにすればいいのだが、「デビットカードは高額な買い物だけ」という心掛けは、まだやめたくはない。

もっとも昔住んだ中国では、釣り銭を嫌う店員から「小額紙幣はないか」と財布の中をのぞき込まれたことが何度もあった。そうしたことがないインドネシアは、まだまだ現金払いに優しい国と言えそう。(和)


関連国・地域: 中国インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

プラデルタ、アリババなどに事業用地販売か(16:46)

タイルの生産増加へ、セーフガードが追い風(16:22)

グラブ、インドネシアに攻勢 出前や旅行予約でサービス強化(12/14)

年末年始のトラック通行規制、大臣令を公布(12/14)

【アジア三面記事】救急車はどこに消えた(12/14)

亜鉛メッキ鋼板の年産能力、来年40万トンへ(12/14)

LPG製造スルヤ、アンモニア生産を倍増へ(12/14)

電通イージス、初の女性CEOが就任(12/14)

ゴーゴープリント、インドネシア企業買収(12/14)

BPバタムの運営権限、バタム市に委譲(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン