テイクオフ:キャッシュレス化が進行…

キャッシュレス化が進行すると、現金払い派は肩身が狭くなっていくのか。

カード払いが相当普及しているジャカルタでは、現金で払おうとすると、たまに「釣り銭がないんです」と言われることがある。「1万ルピア札(あるいは2万ルピア札)はありませんか?」と尋ねられることも。例えば16万ルピアの買い物で、20万ルピアでなく21万ルピアを払ってくれれば、5万ルピア札でお釣りが払えるというわけだ。多くのインドネシア人のように、いつもデビットカードで支払うようにすればいいのだが、「デビットカードは高額な買い物だけ」という心掛けは、まだやめたくはない。

もっとも昔住んだ中国では、釣り銭を嫌う店員から「小額紙幣はないか」と財布の中をのぞき込まれたことが何度もあった。そうしたことがないインドネシアは、まだまだ現金払いに優しい国と言えそう。(和)


関連国・地域: 中国インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:高度成長期の深刻な環境…(11/23)

日本の黒毛和牛を売り込み まずは認知、じっくり輸出拡大へ(11/23)

バイオ燃料の米出荷停止、新たな輸出先模索(11/23)

林業省、丸太の輸出解禁を検討(11/23)

空港鉄道、試験運行は12月初旬に延期(11/23)

海上輸送網、物価下落幅に応じ運航見直しも(11/23)

ガルーダ航空フェア、300万件の予約目標(11/23)

メダンでオートショー、26日まで開催(11/23)

ピルバラ太陽光発電計画、政府融資を申請(11/23)

三菱自、カラワン初の乗用車ディーラー開所(11/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン