市民の2割が海外不動産の購入計画、康宏

海外不動産の投資情報を提供する康宏国際地産投資顧問(コンボイ・インターナショナル・プロパティー・コンサルティング)によると、香港市民の18.5%が今後1年以内に海外不動産の購入を計画している。香港政府が相次いで打ち出している住宅の投機抑制策が、市民の海外不動産への…

関連国・地域: 中国香港日本
関連業種: 金融・保険建設・不動産政治


その他記事

すべての文頭を開く

一帯一路の香港参画を促進へ 発改委と調印、金融など6分野(12/15)

【外国企業の日本戦略】画像認識技術で自動運転 【第12回】センスタイム、ホンダと開発へ(12/15)

レイザーが映画界参入、スクリーン供給へ(12/15)

UAシネマズ、映画館を来年3軒開設(12/15)

政策金利を0.25%引き上げ、今年3回目(12/15)

反落、HSBCの下げ響く=香港株式(12/15)

デロイトと中国人寿、保険販売でDLT開発(12/15)

テンセント、「デジタル経済」で珠海と協力(12/15)

中国電信など3社、データセンター1期稼働(12/15)

モバイル決済、香港の夜市にもじわり(12/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン