製薬MBF、麻酔薬の生産で中国企業と協力

インドネシアの製薬マハカム・ベタ・ファルマ(MBF)は、麻酔・鎮痛薬のフェンタニル注射液の国内生産開始に向けて、中国製薬大手の宜昌人福薬業と協力事業を行うことで合意した。21日付ビスニス・インドネシアが伝えた。 マハカム・グループのナニー最高経営責任者(CEO)…

関連国・地域: 中国インドネシア
関連業種: 経済一般・統計医療・薬品金融・保険


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「砂糖は抜きで!」イン…(04/26)

三菱自が国内生産MPV輸出 合計3万台目標、まずフィリピン(04/26)

パティンバン港の運営、日本企業6社が関心(04/26)

コンフォート、ゴジェックと提携交渉か(04/26)

タイ航空、5月に第3ターミナルへ移行(04/26)

国営空港運営社に制裁金、独禁法違反で(04/26)

バンドン高速鉄道、5月半ばに融資実現へ(04/26)

中銀、ルピア安で企業にヘッジ呼び掛け(04/26)

FMG、対中国以外の鉄鉱石輸出量を拡大(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン