製薬MBF、麻酔薬の生産で中国企業と協力

インドネシアの製薬マハカム・ベタ・ファルマ(MBF)は、麻酔・鎮痛薬のフェンタニル注射液の国内生産開始に向けて、中国製薬大手の宜昌人福薬業と協力事業を行うことで合意した。21日付ビスニス・インドネシアが…

関連国・地域: 中国インドネシア
関連業種: 経済一般・統計医療・薬品金融・保険


その他記事

すべての文頭を開く

浜名ワークス、工場稼働へ 現地販売目的の初の海外拠点(06/23)

過激派対策で外相会議、東南アジア3カ国(06/23)

【アジア三面記事】運がいいのか悪いのか(06/23)

自動車部品製造29社が倒産、生産コスト増で(06/23)

首都圏LRT建設費、1兆6千億ルピア縮小(06/23)

ナンバー規制、二輪車にも適用を検討(06/23)

国産小型旅客機を開発 インドネシア、島々結ぶ(06/23)

北スマ州港湾再開発、中国企業が関心(06/23)

国家戦略インフラ事業、13件を追加へ(06/23)

重機UT、業績伸びで販売網強化へ(06/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン