製薬MBF、麻酔薬の生産で中国企業と協力

インドネシアの製薬マハカム・ベタ・ファルマ(MBF)は、麻酔・鎮痛薬のフェンタニル注射液の国内生産開始に向けて、中国製薬大手の宜昌人福薬業と協力事業を行うことで合意した。21日付ビスニス・インドネシアが…

関連国・地域: 中国インドネシア
関連業種: 経済一般・統計医療・薬品金融・保険


その他記事

すべての文頭を開く

高速道路のキャッシュレス化、普及率は88%(16:31)

首都圏工業団地、1~9月に144haを販売(15:35)

【製造業の未来】知財が「製造強国」の鍵に 中国が描く未来、日本も参画機会(10/24)

テイクオフ:ジャカルタのバス停に「…(10/24)

【日本の税務】海外出向者の社会保険・報酬(10/24)

日本企業がCPO貯蔵施設 東カリマンタン特区、15億円投資(10/24)

食品用パーム油を認証製品に イオンと生協連、環境枠組み参加(10/24)

JICA支援の産地直送野菜、展示即売会(10/24)

大型バイク販売、9月は125台で15%増(10/24)

ユーロカーズ、来年はマツダ車7千台販売(10/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン