国営製薬、バンドンの工場跡地に大街区開発

インドネシアの国営製薬キミア・ファルマは、西ジャワ州バンドン市にスーパーブロック(大街区)を開発する計画を示した。同社が進める不動産分野への事業展開の一環で、投資額は1兆3,000億ルピア(約106億5,500万円…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 経済一般・統計医療・薬品金融・保険建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

政府、フィンテック専任機関を設置へ(18:19)

8月の貸付成長率8.8%、前月から伸長(16:54)

クンダル工業団地、4.7兆ルピアの投資獲得(15:25)

テイクオフ:ジャカルタで映像編集の…(09/25)

【書籍ランキング】9月7日~9月13日(09/25)

中銀が0.25%の利下げを決定 2カ月連続、景気テコ入れ鮮明に(09/25)

NEC、東南ア―米の光海底ケーブルを完工(09/25)

バリ火山、噴火警戒レベル最高に(09/25)

電動バイク、来年にも数社が発売準備着手へ(09/25)

シードがコンタクトを販売開始(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン