3月二輪車販売、前年比16%減の47万台

インドネシアの2017年3月の二輪車販売台数(確定値、ディーラーへの出荷ベース)は前年同月比16%減の47万3,896台だった。

二輪車製造業者協会(AISI)の統計によると、スズキ以外の全メーカーが前年同月を下回った。首位のホンダが19%減の35万8,524台。シェアは75.7%だった。これにヤマハが10%減の9万8,040台、カワサキが9%減の8,601台と続いた。

これに対し、スズキは69%増の8,600台だった。地元紙によると、年初に発売した新型車種の販売が好調なことが出荷の拡大につながった。

1~3月の販売台数は140万1,538台。前年同期から7%減となった。地元紙によると、AISI幹部のシギット氏は、農作物の不作、車両登録手数料の引き上げ、販売店の割引制限など「二輪車業界の販売に影響を与える出来事が多発した」と説明した。

3月の輸出台数は前年同月比62%増の3万2,367台だった。ヤマハが67%増の1万7,912台、ホンダが2.2倍の9,603台で、両社合計の市場シェアは85%となった。その他のメーカーは、スズキが24%減の2,361台、カワサキが40%減の440台だった。TVSは86%増の2,051台だった。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車商業・サービス

その他記事

すべての文頭を開く

1~9月の重機生産台数、6割増の4036台(17:04)

バタムFTZから撤退相次ぐ、経営陣を刷新(16:14)

ガルーダ、西ジャワ新空港と業務提携で合意(16:11)

LCGC販売台数が低調に 昨年から一転、融資規制が圧力に(10/20)

宇部興産と中国電力、石炭を共同で輸入(10/20)

【アジア三面記事】恋の結末はロマンス詐欺(10/20)

首都の高架道など6カ所、年内完工できず(10/20)

配車アプリの改正法を発表、シール貼付など(10/20)

シャープ、新型コードレス掃除機を発売(10/20)

たばこ税、来年1月から10%引き上げ(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン