二輪ホンダ、販売目標600万台 新機種投入などで2割増へ

ホンダは、2017/18年度(17年4月~18年3月)にインドの二輪車市場で前年度比2割増の600万台の販売(輸出含む)を目指す。スクーターとモーターバイクでそれぞれ2機種を新たに投入。取扱店を500店増やし、輸出も加速する。インドでは20年に排ガス基準が先進国並みに厳しくなるこ…

関連国・地域: インド日本
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

IFC、不良債権処理支援に2.5億ドル(12:48)

テイクオフ:インド人が愛してやまな…(01/22)

GST税率、83品目で改定へ 生活関連のガスや飲料水など減税(01/22)

メルセデス、BS6対応モデルを初公開(01/22)

ホンダ、エアバッグ問題で追加リコール(01/22)

二輪バジャジ、新型アベンジャーを発売(01/22)

マヒンドラ二輪事業、まずは赤字削減が課題(01/22)

動物実験の楽斯、印に飼育施設3カ所建設(01/22)

ARSスチール、生産能力増強に4億ルピー(01/22)

政府、HPCL株売却でONGCと合意(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン