二輪ホンダ、販売目標600万台 新機種投入などで2割増へ

ホンダは、2017/18年度(17年4月~18年3月)にインドの二輪車市場で前年度比2割増の600万台の販売(輸出含む)を目指す。スクーターとモーターバイクでそれぞれ2機種を新たに投入。取扱店を500店増やし、輸出も加速する。インドでは20年に排ガス基準が先進国並みに厳しくなるこ…

関連国・地域: インド日本
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

西部ディウ、国内初の再エネ100%都市に(19:11)

シネコンPVR、本年度は35億ルピー投資(20:46)

航空局と鉄鋼公社、滑走路活用で覚書(19:12)

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(04/24)

テイクオフ:「45ルピー(約73円…(04/24)

新興サン、EV向け新事業 電池交換型ソリューションを展開(04/24)

TMT自動車、タタの3S代理店開業(04/24)

エグジコム、EESLからEV充電設備受注(04/24)

タタ「ティアゴ」販売好調、小型車で2位に(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン