【タイ政治社会の潮流】新憲法公布と「御代代わり」

第245回 ソンクラーン(タイ正月)も過ぎ、古来の慣習に従えば、新年が始まったところである。ただ、暑期のど真ん中で40度を超える日もあり、多くの学校は夏休みである。そんな中、昨年8月7日に国民投票で承認され…

関連国・地域: タイ
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイ政府が電動自動車(…(08/23)

DHL、4年で90億円を投資 メコン4カ国でシェア1位狙う(08/23)

パープルラインの利用者急増、地下鉄は混雑(08/23)

7月の空港利用者、チェンライのみ2桁増加(08/23)

日系が地場工場で太陽光発電、JCM登録(08/23)

北欧ヴェスタス、タイで風力タービン受注(08/23)

【アジア労務データ集】消費者物価指数(127)(08/23)

カンクン、国内外で再生エネ投資拡大(08/23)

飼料タイラックス、エビ回復で販売増予測(08/23)

倉庫WHA、工業団地の投資優遇策を申請へ(08/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン