• 印刷する

【識者に聞く】ASEANの成長市場 日系自動車メーカーの選択

2022年には主要6カ国の新車販売規模が日本を上回るとも予測される東南アジア諸国連合(ASEAN)。NNAが日々伝える自動車関連のニュースを基に日本政策投資銀行、フロスト&サリバンの専門家が分析した。

■Topic1

17年新車市場は80万台に回復へ

(NNA POWER ASIA 2月1日付、タイ)

トヨタ自動車のタイ法人、タイ国トヨタ自動車(TMT)は1月31日、首都バンコクで年初恒例の記者会見を開き、同国の2017年の新車市場が前年比4.1%増の80万台になるとの予測を発表した。16年は年初と年末の低迷が響き、3.9%減の76万8,788台と4年連続の縮小だった。トヨタは、今年の乗用車市場が回復すると見込み、5年越しの販売上乗せを狙う。TMTの棚田京一社長(当時)は「16年はタイの自動車業界にとって最も困難な年となった」と総括。市場は昨年に底を打ち、今年に浮上し始めるとの見解を示した。

【視点】

塙賢治 はなわ・けんじ

日本政策投資銀行 産業調査部課長。96年東大法卒、旧三和銀行入行。02年日本政策投資銀行入行後、調査部、政策企画部、企業金融第1部などを経て14年より現職。自動車セクター担当歴10年超。素材や一般機械など製造業全般も担当する。

タイの新車販売は5年ぶり増加への期待が高まる。初めて自動車を購入する人を対象にした11~12年のファーストカー減税措置で購入した車両の転売禁止期間が終わり更新需要が出てくること、日系の完成車各社が相次いで新モデルを投入することが後押しする見込み。ただ、前国王死去を受けた服喪期間中の増勢は限定的となる可能性もある。

ピーク時の144万台からすると80万台レベルはまだ本格回復とは言えない。しかし、米国の保護主義化などに伴い新興国経済の先行き不透明感が強まる中、底入れ感の出てくるタイ市場のポテンシャルは注目されよう。8割超のシェアを持つ日系も期待を寄せている。

消費者ニーズは多様化している。農村部ではピックアップトラックが売れるのに対し、都市部ではエコカー政策対象車の小型セダン比率が高まり、デザイン性を重視したスポーツタイプ多目的車(SUV)や高級車市場も徐々に拡大中のようだ。ASEANの新車販売は、好調が続くフィリピンとベトナム、回復途上のインドネシア、回復が見込まれるタイ、不振が続くマレーシア、とまだら模様。売れ筋車種も国により異なる。増勢に向かい、ニーズが多様化するASEAN市場への細かなケアは一段と重要になる。

■Topic2

日系大手3社、16年通年はいずれも2桁成長に

(NNA POWER ASIA 2月1日付、インドネシア)

インドネシアに展開する大手日系自動車メーカーの2016年通年の販売台数(ディーラーへの出荷ベース)が明らかになった。大手3社の販売台数は、いずれも2桁の成長を達成した。NNAによる在インドネシア日系自動車メーカーへの問い合わせと、インドネシア自動車製造業者協会(ガイキンド)の統計によると、販売台数でトップだったのは、トヨタ自動車が前年比19%増の38万2,651台だった。これにホンダが25%増19万9,364台、ダイハツ工業が13%増の18万9,683台と続いた。

【視点】

林更紗 はやし・さらさ

フロスト&サリバン ジャパン モビリティ部門リサーチアナリスト。自動車部品メーカーにて、乗用車および商用車メーカーに向けたセールス・マーケティングを約5年間担当。16年より現職。主に日系自動車メーカーに向けた自動車市場のリサーチ・コンサルティングを行う。

16年のインドネシアの乗用車市場は国内の経済成長や消費者マインドの改善、購買力の増大に伴う積極的な消費が需要をけん引した。またトヨタの「カリヤ」やダイハツの「シグラ」などの新モデルやフェイスリフト(マイナーチェンジ)モデルのリリースにより販売は好調だった。政府推奨の低燃費小型車「ローコスト・グリーンカー(LCGC)」の販売が大幅に増加し、スポーツタイプ多目的車(SUV)や多目的車(MPV)がそれに続いている。

16年の商用車市場の減退は産業全体の輸出の減少や物価の下落、コモディティー価格の下落に起因している。三菱自動車が商用車市場でのトップシェアを占め、日野自動車といすゞ自動車もシェアを伸ばしている。

弊社の予測では、17年のインドネシア自動車市場は、好調な消費動向や投資の増加、政府支出の増加および輸出部門の改善によって、前年比5%増の111万台に成長する。経済成長に伴い消費者マインドも改善し、LCGCやSUV、MPVも好調が続くだろう。インドネシア通産省は17年の輸出額は5.6%増と予測しており、商用車の需要増加も見込まれる。

■Topic3

初の政府優遇認定車、三菱自が生産開始

(NNA POWER ASIA 2月20日付、フィリピン)

三菱自動車は2月17日、フィリピンで小型セダン「ミラージュG4」の生産を始めたと発表した。フィリピン政府が税優遇を付与する「包括的自動車産業振興戦略(CARS)」プログラムの認定車種が生産されるのは初めて。同社は5月からハッチバックの「ミラージュ」も生産する予定だ。

現地法人の三菱モーターズ・フィリピンズ(MMPC)の生産拠点となるラグナ州サンタロサの工場は年間5万台の生産能力を持つ。敷地面積は21.4ヘクタール。MMPCには昨年12月時点で1,400人が勤務する。

【視点】

Mohd Fahrurazi モド・ラージー

フロスト&サリバン モビリティ部門シニアコンサルタント。10年以上の自動車業界経験を持ち、自動車産業に関わる政府の政策や製品展開に特に強みを持つ。

フィリピンの自動車産業は2016年に2桁成長を遂げ、高成長中だ。経済成長と所得水準の向上により、公共交通システムの整備が追い付かず、自家用車の需要が急速に高まっている。半面、販売台数の増勢と、フィリピン国内での自動車生産の伸びは同期していない。過去25年間で完全組立生産(CKD)車の割合は95%から約30%に減少し、政府がCARSプログラムを導入する引き金となった。

ミラージュの現地生産により、同国の自動車製造業は活性化すると期待される。CARSプログラムはバンパーなど必要とされる部品を現地生産することを条件としており、地元業者や部品メーカーの新たな成長を促すだろう。製品デザインや設計といった高いスキルを持つ労働者が必要となるため、自動車産業に高い付加価値をもたらすはずだ。

現地で生産することは自動車のコストの大幅な引き下げにもつながる。CARSプログラムでは車両1台につき約1,000米ドルの補助金を受けられるため、MMPCはミラージュの価格をより競争力ある水準に設定できるだろう。フロスト&サリバンは、ミラージュがサブBセグメントにおいて今後も首位の座を維持すると予測する。

CARSプログラムでは、MMPCは今後6年間で20万台のミラージュを生産することが求められる。これは毎年平均3万台を生産する計算だ。フィリピン国内の需要が現状、年間2万台以下という状況を踏まえると、生産台数が需要を上回るとも予測される。これら余剰分を輸出することにより、フィリピンはASEAN域内外の生産ハブになる可能性もある。

■Topic4

プジョー、SUV2モデルの組み立て開始へ

(NNA POWER ASIA 2月24日付、ベトナム)

フランスのプジョーは2月22日、チュオンハイ自動車(Thaco)と提携し、ベトナムでの現地生産を強化すると明らかにした。10月からThacoの中部クアンナム省の工場で、プジョーのスポーツタイプ多目的車(SUV)2種を組み立て生産する計画だ。

【視点】

塙氏

ベトナムは、ASEAN自動車市場の中ではインドネシアとタイの二大国の陰に隠れていたが、足元で販売台数が急伸し、フィリピンとともに「市場」としての注目度が高まっている。一般的に1人当たり国内総生産(GDP)が3,000米ドルを超えると自動車普及率は急上昇するが、同国の所得水準はその近くまで迫っている。さらに1億人弱の人口を有しポテンシャルも高い。今後の成長性に着目し完成車生産を拡大するメーカーもある。

ただ、ベトナムは生産国としては岐路に立たされているようだ。2018年以降のASEAN域内からの輸入車の関税撤廃により、輸入車の価格低下が見込まれることから、一部車種では同国での完全組立生産(CKD)から完成車輸入(CBU)に切り替える動きも出てきた。国産車のコストダウンには部品メーカーなどの裾野産業拡大が必要だが、これまでの政府による自動車産業育成・振興策はあまり成果が上がっていない。自動車産業は一朝一夕に集積できるものはなく、完成車メーカーとしてはASEAN生産拠点再配置の中でベトナムをどう位置付けるか悩ましいところだろう。

※この記事は「NNAカンパサール」2017年4月号<https://www.nna.jp/nnakanpasar>から転載しています。


関連国・地域: タイベトナムインドネシアフィリピン日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

日本との貿易総額、1~10月は12%増(12/11)

小米が日本進出、1億画素スマホ・IoT家電も(12/11)

サバヒーのうろこから新素材 台湾・繊維イノベーション(1)(12/11)

トヨタ、物流拠点を新設 45億ペソ投資、20年に稼働(12/11)

改札機「顔パス」通過、大阪メトロが実証実験(12/11)

11月車販売は4%減の33万台 13カ月連続減少、下げ幅は鈍化(12/11)

ニッコンHD、ヌ州に倉庫設置(12/11)

災害時「通れた」道路迅速公開、トヨタとホンダ(12/11)

日立キャピタル、現地法人の設立完了(12/11)

ユニ・チャーム現法、今週投資家を募集(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン