バンコクのグルメ屋台一掃へ、「景観」重視

タイのバンコク首都庁(BMA)は、屋台による飲食店経営を年内にも完全に禁止する方針だ。世界的に有名な観光スポットで取り締まりを強化し、首都バンコクの景観を良くする考え。露店を売りとする地区の事業者は、協議が必要との見解を示している。18日付ネーションが伝えた。 …

関連国・地域: タイ
関連業種: 食品・飲料観光・娯楽社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「閉店まで時間はたっぷ…(01/24)

オートバックスが240店体制へ 給油所2位と連携、海外に本腰(01/24)

ユニクロ、東南アジア初のロードサイド店(01/24)

車載用PCBの敬鵬、中国工場を拡張(01/24)

MCジーンズが国内外で販促、1割増収狙う(01/24)

ガルフ、三井物産・東京ガスと天然ガス供給(01/24)

LG電子、高機能エアコン18モデル投入(01/24)

果汁飲料マリー、20年に海外販売6割狙う(01/24)

合同常任委、政府に最低賃金の再考求める(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン