テイクオフ:1年半ぶりに日本に帰国…

1年半ぶりに日本に帰国した際、大阪市内を走る電車に乗っていて目に付いたのは、高さだけでなく横にも巨大な大規模高層マンションだ。オーストラリアでも近年、住宅ブームの影響で高層マンションの建設は増えているが、こうしたマンモス級はまだお目にかかることはない。

シドニー郊外ではこれまで、ローライズと呼ばれる階数の少ないアパートが主流だったこともあり、高層マンションの建設計画を聞くたびに思うのは、オージーはそもそも、人口密度の高い高層マンションを好むのかどうかということだ。

日本の大規模マンションには、一つの建物に数千人もの人が暮らしている。オーストラリアで巨大マンションが増え、隣人に気を使う環境に慣れれば、奔放なオージーの性格にも、いつか変化が表れるのかもしれない。(桜月)


関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:近所の薬局の前に「イン…(04/26)

メルボ市圏、8年で人口最大 増加率国内最速、500万人突破へ(04/26)

1Q豪CPI1.9%上昇、市場予測下回る(04/26)

関電、豪企と消費者間電力取引実験を開始(04/26)

日本の官民コンソ、豪水道企を中国企へ売却(04/26)

政府、中国系企にガス掘削資金600万$承認(04/26)

FMG、対中国以外の鉄鉱石輸出量を拡大(04/26)

〔政治スポットライト〕ハリス司令官、駐豪から駐韓大使に変更(04/26)

政府系造船ASC、近く200人強解雇へ(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン