テイクオフ:1年半ぶりに日本に帰国…

1年半ぶりに日本に帰国した際、大阪市内を走る電車に乗っていて目に付いたのは、高さだけでなく横にも巨大な大規模高層マンションだ。オーストラリアでも近年、住宅ブームの影響で高層マンションの建設は増えているが、こうしたマンモス級はまだお目にかかることはない。

シドニー郊外ではこれまで、ローライズと呼ばれる階数の少ないアパートが主流だったこともあり、高層マンションの建設計画を聞くたびに思うのは、オージーはそもそも、人口密度の高い高層マンションを好むのかどうかということだ。

日本の大規模マンションには、一つの建物に数千人もの人が暮らしている。オーストラリアで巨大マンションが増え、隣人に気を使う環境に慣れれば、奔放なオージーの性格にも、いつか変化が表れるのかもしれない。(桜月)


関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

豪連邦政府、国家宇宙局を新設へ(16:21)

北部準州政府、宇宙産業の拠点化狙う(16:30)

〔政治スポットライト〕野党党首が日韓歴訪、次期政権見据え?(17:28)

テイクオフ:「リラックス」は、オー…(09/25)

【書籍ランキング】9月7日~9月13日(09/25)

NZエネルギー大手、蓄電など新技術に活路(09/25)

豪政府、新法案で銀行役員報酬を厳格管理(09/25)

フェアプライス、自社ブランドのミルク発売(09/25)

RBA総裁「高金利に備えよ」と警告(09/25)

CBA、資産運用部門も売却へ=AMP(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン