テイクオフ:1年半ぶりに日本に帰国…

1年半ぶりに日本に帰国した際、大阪市内を走る電車に乗っていて目に付いたのは、高さだけでなく横にも巨大な大規模高層マンションだ。オーストラリアでも近年、住宅ブームの影響で高層マンションの建設は増えているが、こうしたマンモス級はまだお目にかかることはない。

シドニー郊外ではこれまで、ローライズと呼ばれる階数の少ないアパートが主流だったこともあり、高層マンションの建設計画を聞くたびに思うのは、オージーはそもそも、人口密度の高い高層マンションを好むのかどうかということだ。

日本の大規模マンションには、一つの建物に数千人もの人が暮らしている。オーストラリアで巨大マンションが増え、隣人に気を使う環境に慣れれば、奔放なオージーの性格にも、いつか変化が表れるのかもしれない。(桜月)


関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シドニーの自宅近所にあ…(01/24)

豪州の自動車生産、復活か 英GFG、SA州でEV工場計画(01/24)

豪州、世界投資先順位でトップ10入り逃す(01/24)

VIC州石炭火力発電所、猛暑で故障が頻発(01/24)

豪の15歳以上、20%が週300ドル未満で生活(01/24)

リオ、ボーキサイト拡張計画着々=7割完成(01/24)

石油ウッドサイド、生産量の年間目標達成(01/24)

〔政治スポットライト〕NZへの密航船が増加、豪政府は警戒感示す(01/24)

NAB、資産運用部門の分離を検討か(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン