• 印刷する

文秀ホンダ、16年売上高は目標値132%達成

ホンダのマレーシアの自動二輪車合弁会社である文秀ホンダは14日、2016年度の通期売上高が、目標値の132%に達したと発表した。

好調な売上高を記録した大きな理由は、国内のバイクユーザーの大半を占める若者層をターゲットとしながら、主要3カテゴリー「スポーツ」「ライフスタイル」「プレミアム」で、積極的に新モデルを投入したことがある。

また、二輪メーカーとして初めて、政府の定める省エネ車基準(EEV)を、カブタイプ110cc「EX5ドリームFi(フューエル・インジェクション)」、同「ウェーブ・ダッシュFi」、125cc「フューチャーFi」、110cc「ウェーブ・アルファ」、スクーター「BeAT」の5モデルで取得したことも、競合との差別化につながった。さらに、モトGPなど各種2輪レースでのホンダ・チームの活躍も販売を後押しした。

文秀ホンダの長田展英社長兼最高経営責任者(CEO)は声明で、目標を大きく超える売上高を達成できたのは、「販売店、従業員、事業パートナー、そして最も大切な顧客のおかげ」だと強調。今年の新たな目標としては市場シェアの5%拡大を掲げ、新モデルの積極投入を引き続き進める方針を示した。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 自動車・二輪車運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:職場のローカルスタッフ…(09/26)

18年成長率4.8%に下方修正 SERC、来年度予算案に期待(09/26)

JACTIM、学生発明コンテストに寄付(09/26)

RM=27.2円、$=4.13RM(25日)(09/26)

ホンダ、整備士の育成目的に教育省と提携(09/26)

DHL、19年の配送料を平均7%引き上げ(09/26)

資源サプラエナジー、4件8億リンギ受注(09/26)

【予定】26日 日米首脳会談ほか(09/26)

米中貿易摩擦、石化各社も東南アにシフト推進(09/26)

ジョ州のプングラン石油基地、原油が初入荷(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン