• 印刷する

文秀ホンダ、16年売上高は目標値132%達成

ホンダのマレーシアの自動二輪車合弁会社である文秀ホンダは14日、2016年度の通期売上高が、目標値の132%に達したと発表した。

好調な売上高を記録した大きな理由は、国内のバイクユーザーの大半を占める若者層をターゲットとしながら、主要3カテゴリー「スポーツ」「ライフスタイル」「プレミアム」で、積極的に新モデルを投入したことがある。

また、二輪メーカーとして初めて、政府の定める省エネ車基準(EEV)を、カブタイプ110cc「EX5ドリームFi(フューエル・インジェクション)」、同「ウェーブ・ダッシュFi」、125cc「フューチャーFi」、110cc「ウェーブ・アルファ」、スクーター「BeAT」の5モデルで取得したことも、競合との差別化につながった。さらに、モトGPなど各種2輪レースでのホンダ・チームの活躍も販売を後押しした。

文秀ホンダの長田展英社長兼最高経営責任者(CEO)は声明で、目標を大きく超える売上高を達成できたのは、「販売店、従業員、事業パートナー、そして最も大切な顧客のおかげ」だと強調。今年の新たな目標としては市場シェアの5%拡大を掲げ、新モデルの積極投入を引き続き進める方針を示した。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 自動車・二輪車運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:以前から気になっていた…(12/13)

ペトロナス、油田閉鎖に商機 慎重と楽観にじむ3年展望(12/13)

RM=27.1円、$=4.18RM(12日)(12/13)

パナソニック、BtoB向け先端製品を発表(12/13)

韓国SKマジック、浄水器レンタルに参入(12/13)

外資製造業者、5~9月に5社が撤退(12/13)

エアアジア、米ファンドに機材売却(12/13)

ゴム輸出価格が下落、米中貿易戦争の余波(12/13)

MAHBがエアアジア提訴、PSC徴収巡り(12/13)

10月のゴム生産、前月比6.5%増(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン