企業内の給与格差が拡大、ウイリス調査

シンガポールで企業のトップと下級管理職の給与格差が拡大している。英米系コンサルティング大手ウイリス・タワーズワトソンの調査で明らかになった。

同社はアジアの15カ国・地域の企業の給与について調査。このうち9カ国・地域で、2016年の給与格差が15年から拡大した。

シンガポールでは、16年の企業トップの平均年収は、下級管理職の6.5倍に上り、15年の6.3倍をわずかに上回った。米国平均の23万3,000米ドル(約2,524万円)を32%上回る水準で、上級管理職の平均給与も米国に匹敵するかそれを超える水準に達している。

アジアでトップと下級管理職の給与格差が最も大きかったのはインドネシアで、15.8倍だった。タイが14.9倍で続いた。中国、香港はそれぞれ10倍、7.5倍だった。


関連国・地域: 中国香港タイシンガポールインドネシア米国
関連業種: 経済一般・統計雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポール料理といえ…(04/24)

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(04/24)

JFE、海外初のR&D拠点 南洋大と廃棄物溶融炉を共同研究(04/24)

中国とシンガ企業、無農薬米栽培で合弁(04/24)

3月の消費者物価、0.2%上昇(04/24)

海事庁、海運協会などと船員育成で覚書(04/24)

コンテナ港湾運営、21年以降もPSAが独占へ(04/24)

トラック運転手派遣アプリが普及、4社に1社(04/24)

東京都、進出支援の採択企業6社を決定(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン