• 印刷する

2月のPM2.5濃度、前年同月比6.9%上昇

中国環境保護省が23日発表した2月の大気質状況は、地級市以上の全国338都市を対象とした微小粒子状物質「PM2.5」の平均濃度(1立方メートル当たり、以下同)が62マイクログラムとなり、前年同月を6.9%上回った。粒子状物質「PM10」の濃度は98マイクログラムと横ばいだった。

同省の測定基準で大気質が「優良」となった日数の割合は69.8%で、前年同月を2.6ポイント下回った。地域別では京津冀地域(北京市、天津市、河北省)13都市の平均が54.1%、長江デルタ地域25都市が67.6%、珠江デルタ地域9都市が90.9%となり、前年同月に比べそれぞれ18.0ポイント、1.7ポイント、8.3ポイント低下した。

主要74都市で大気質のワースト10都市は、悪い順に◇河北省石家荘市◇河北省保定市◇新疆ウイグル自治区ウルムチ市◇河北省ケイ台市(ケイ=刑のつくりがおおざと)◇河北省邯鄲市◇陝西省西安市◇河北省唐山市◇山西省太原市◇河南省鄭州市◇河北省衡水市——。ベスト10都市は、良い順に◇海南省海口市◇チベット自治区ラサ市◇深セン市◇広東省恵州市◇福建省福州市◇広東省珠海市◇浙江省舟山市◇福建省厦門(アモイ)市◇浙江省麗水市◇雲南省昆明市——だった。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

17年GDPを下方修正、成長率6.8%に(18:11)

阿里雲、空港にデータ可視化サービス提供(14:01)

「朝鮮族がライバルに」 対北朝鮮事業、専門家が指摘(01/18)

テイクオフ:「今晩はどちらにお泊り…(01/18)

テイクオフ:日本を訪れた中国人旅行…(01/18)

資策会の華為製品禁止措置、早ければ5月から(01/18)

中国中鉄、ヤンゴン高架鉄道建設を提案(01/18)

中小企業の苦境続く 4Q指数、景況判断の100割込む(01/18)

日清フーズ、豪同業買収有力か 中国企との一騎打ち(01/18)

農産物の対中輸出額、18年は過去最高(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン