ブレッドトークが1号店、ヤンゴン新商業施設に今週

シンガポールの飲食大手ブレッドトーク・グループは17日、25日にミャンマー最大都市ヤンゴンの商業施設に同国1号店を開業すると発表した。昨年フランチャイズ(FC)権を与えた先の、ミャンマーの大手財閥シュエ・タウン・グループ(STG)が中心部に開発した「ジャンクション・シティー」の商業施設の開業に合わせて店を開く。

STGの子会社ジャンクション・センター・グループはヤンゴン中心部で商業施設やオフィスビル、5つ星ホテルから成る複合施設「ジャンクション・シティー」を開発。ブレッドトークは昨年、ミャンマーにおけるマスターFC権を同じSTG傘下のミャンマー・ベーカリーに付与していた。

ブレッドトーク・グループはシンガポール、中国、香港、インドネシア、タイ、中東など16カ国・地域で、「ブレッドトーク」を約800店展開。中華料理「鼎泰豊(ディンタイフォン)」、ラーメン店「ラーメン・プレイ」、フードコート「フードリパブリック」、ファストフード「カールズジュニア」などのブランドも持つ。


関連国・地域: ミャンマーシンガポール
関連業種: 経済一般・統計食品・飲料商業・サービス

その他記事

すべての文頭を開く

3年後に縫製品輸出50億ドルへ 昨年は20億ドル、飛躍にらむ(04/26)

韓国が工業団地計画、自動車輸出拠点に(04/26)

【ラオス経済通信】中国ラオス高速道路を建設へ 第124回(04/26)

ヤンゴンの火事で健康被害、政府が大気監視(04/26)

通信事業者に課税へ、遠隔地サービス拡充で(04/26)

マンダレーのセメント工場、住民が反対運動(04/26)

投資委が20日付で認可9件、恩典3件(04/26)

ヤンゴンバス、決済請負業者の資格取り消し(04/26)

ラカイン州の低価格住宅、2年で30棟を建設(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン