中国系JC航空、国内線の運航開始

中国の景成集団が運営するカンボジア拠点の航空会社、JCインターナショナル航空は18日、国内線の定期便に就航した。国内組としては5社目の参入となる。

JCインターナショナルの資本金は5,000万米ドル(約56億2,800万円)で、地場企業として登記した。まずは首都プノンペン―観光都市シエムレアプ、シエムレアプ―南部シアヌークビルの2路線の運航を始めた。欧エアバスの小型旅客機A320型2機を使用する。年内に3機を追加する見通しだ。

路線拡充も視野に入れている。中国や台湾、マカオ、香港、韓国、日本、欧州などが候補だという。


関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: 運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

イオンモール2号店が開業式 東南ア最大、来店目標1400万人(06/21)

通関業務改善へ9項目提議、日本人商工会(06/21)

原油価格上昇へ対策、28日に新政策を公表(06/21)

フンセン首相、貿易戦争の影響調査を指示(06/21)

中銀と証券委、仮想通貨取引を再度警告(06/21)

首都バスが電子決済導入、ウイングと提携(06/21)

タイ在住の出稼ぎ労働者、42万人の登録完了(06/21)

中国、国軍に1.3億ドルを追加支援(06/21)

【予定】21日 5月粗鋼生産ほか(06/21)

【訃報】永井康男氏(元三菱重工業副社長)(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン