中国系JC航空、国内線の運航開始

中国の景成集団が運営するカンボジア拠点の航空会社、JCインターナショナル航空は18日、国内線の定期便に就航した。国内組としては5社目の参入となる。 JCインターナショナルの資本金は5,000万米ドル(約56億2,800万円)で、地場企業として登記した。まずは首都プノンペン―…

関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: 運輸・倉庫


その他記事

すべての文頭を開く

身分証発行、総人口の65%に ポルポト時代に破壊、再構築へ(01/24)

家具の慕容控股、資金調達で南部工場増強(01/24)

香り米の統一名称「マリスアンコール」に(01/24)

経済成長の持続、企業統治が重要(01/24)

縫製労働者の送迎車、安全性向上へ政策検討(01/24)

米団体と覚書、労働者保護などで(01/24)

シエムレアプ、ごみのポイ捨てに罰金(01/24)

【カンボジア街歩き】旧正月の苦い思い出 第11回(01/24)

カジノ業界に広がる商機 ゲーム機販売など、中国人増で(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン