中国系JC航空、国内線の運航開始

中国の景成集団が運営するカンボジア拠点の航空会社、JCインターナショナル航空は18日、国内線の定期便に就航した。国内組としては5社目の参入となる。

JCインターナショナルの資本金は5,000万米ドル(約56億2,800万円)で、地場企業として登記した。まずは首都プノンペン―観光都市シエムレアプ、シエムレアプ―南部シアヌークビルの2路線の運航を始めた。欧エアバスの小型旅客機A320型2機を使用する。年内に3機を追加する見通しだ。

路線拡充も視野に入れている。中国や台湾、マカオ、香港、韓国、日本、欧州などが候補だという。


関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: 運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

南部カンポットに港湾整備 地場財閥と中国、雇用創出1500人(04/26)

米、対カンボジア特恵関税適用を2年延長(04/26)

徐工道路機械がシェア50%、道路敷設増加で(04/26)

小口金融アムレット、保険大手AIAと提携(04/26)

公共財政管理を強化、電子化へシステム導入(04/26)

プノンペンの浸水軽減へ、排水施設を増設(04/26)

有力紙ポスト、元幹部への補償金支払い延期(04/26)

ASEAN首脳会議、新大統領が出席(04/26)

鉱業省など3省、石油法制定へ再協議(04/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン