テイクオフ:ある台湾人女性のネット…

ある台湾人女性のネット投稿が物議を醸している。マレーシアを訪問した彼女は、空港の入国審査で「パスポートの大きな破損」を理由に別室に連行され、そこで1,000リンギ(約2万5,380円)のわいろを要求されたという。拒否すると、35時間も勾留された。彼女に同情する声がマレーシアからも上がり、支援金も集まっている。マレーシアと台湾の外交当局も、合同捜査を開始した。

ただ、個人的にはこの騒ぎに違和感を覚える。まず、パスポート破損は重大問題だ。海外で身分を証明し、緊急時に保護を得る裏付けになる最重要書類だ。さらに、要求された1,000リンギは罰金だった可能性もある。

マレーシアには、いまだに「袖の下」の悪しき習慣が残っているのも確かだ。でも、今回の件で、彼女に過失は全くなかっただろうか。もう少し、事態の解明を待つべきだと思う。(て)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

観光税、外国人狙い打ちの打撃懸念 国内業界は現地人免除を受容ムード(07/28)

RM=26.0円、$=4.27RM(27日)(07/28)

世帯への電気代補助、見直し必要=エネ委(07/28)

ペトロナスの加LNG事業撤退、市場は支持(07/28)

トップグローブ、コンドーム新工場に7500万リンギ(07/28)

MMC、港湾部門上場は19年前半までに(07/28)

エアアジア、来年に域内2国の傘下企業上場(07/28)

イスラム教徒向け巡礼便、今年の運航を開始(07/28)

マ航空CEO、社内で後継候補6~7人選出(07/28)

私立病院協会、政府に患者減少対策を要請(07/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン