国立大、PM2.5の透過防ぐスプレーを開発

シンガポール国立大学(NUS)の研究チームは20日、大気汚染物質の一つである微小粒子状物質「PM2.5」の透過を防ぐスプレーを開発したと発表した。 マスクなどに使用される不織布に噴霧することで、PM2.5の透過を最大90%抑えることができる。また従来の技術に比べ、通気性…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・医薬品化学マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポール人と日本人…(01/22)

イノベ重視も人材確保が課題 国内企業、予算案で助成策期待(01/22)

インフレ期待指数、3カ月前からほぼ横ばい(01/22)

インディージャパン、初の海外拠点(01/22)

デンカ、球状アルミナの製造設備設置(01/22)

べテル常用者の口腔ケア商品展開で資金調達(01/22)

東急ハンズ、空港の複合施設に4号店出店(01/22)

ビーロット、ニセコで高級住宅の管理受託(01/22)

JR西日本と日本旅行、地場GOQUOに出資(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン