国立大、PM2.5の透過防ぐスプレーを開発

シンガポール国立大学(NUS)の研究チームは20日、大気汚染物質の一つである微小粒子状物質「PM2.5」の透過を防ぐスプレーを開発したと発表した。 マスクなどに使用される不織布に噴霧することで、PM2.5の透過を最大90%抑えることができる。また従来の技術に比べ、通気性…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・医薬品化学マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

AI技術の特許審査、世界最短の6カ月に(18:04)

建設業の総雇用者数、3年ぶりに増加(18:04)

新興企業ネオ、一人乗り飛行体を開発(18:30)

クラウド・AIの拠点設置 華為、最新技術で事業基盤強化(04/26)

テイクオフ:3年間のシンガポール勤…(04/26)

定年・再雇用年齢、労組が65・70歳を提示(04/26)

【アジア三面記事】猫カフェ、実は悪徳ブリーダー(04/26)

管理会計士への転職支援、研修制度が始動(04/26)

積水とシンガ企業、シドニー商業施設を売却(04/26)

郊外に事務所移転の動き、賃料上昇で(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン