比イスラム過激派、幹部殺害で壊滅状態か

マレーシア・サバ州東部沖で、身代金目的で漁師や沿岸警備隊の誘拐を繰り返しているイスラム過激派アブサヤフは、フィリピン国軍による掃討作戦によって主要メンバー数人が殺害されたことで、壊滅的な状態にあるようだ。いまだに身柄を拘束されている被害者の救出が期待されている…

関連国・地域: マレーシアフィリピン
関連業種: 社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:92歳という文字を何度…(04/24)

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(04/24)

イオン、アセアンに8百億円 モールなどに投資=18年度計画(04/24)

東京五輪へ、人とモノ成長中 マレーシアのスケボー市場(上)(04/24)

RM=27.7円、$=3.89RM(23日)(04/24)

BMWマレーシア、比と越に年内輸出開始(04/24)

西海岸高速が来年8月開通、経済効果期待(04/24)

ウエストスター、航空部門の上場を検討(04/24)

ペナン港の貨物取扱、1Qは前年比4.5%増(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン