テイクオフ:古いショップハウス(店…

古いショップハウス(店舗兼住宅)を改修した、カフェやバーが今、クアラルンプール首都圏の飲食トレンドのひとつの流れ。そうした店を造り出すのは、多くが30~40代以下のデザイナー、建築家、起業家だ。あっという間にソーシャルメディアで情報を拡散し、外国人の自分が知る頃には誰もが知る超有名店になっている。

東南アジアの多くの都市で、きれいなモールが乱立し、週末になれば人々はクーラーの効いた空間になだれ込む。しかし、当地では南国ならではの風が通り抜ける開放的な空間で、近代的な向かいのホテルを横目に「この方がずっと良いでしょ」と、丁寧に煎れたコーヒーにトースト、辛いラクサ(麺料理)を出してくれる若きオーナーがいる。

働いているのはほぼマレーシア人。当地の飲食店で働くのは外国人、という一般論はない。誇り高き彼らが切り盛りするお店へどうぞ。(海)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 食品・飲料商業・サービス観光・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

観光税、外国人狙い打ちの打撃懸念 国内業界は現地人免除を受容ムード(07/28)

RM=26.0円、$=4.27RM(27日)(07/28)

世帯への電気代補助、見直し必要=エネ委(07/28)

ペトロナスの加LNG事業撤退、市場は支持(07/28)

トップグローブ、コンドーム新工場に7500万リンギ(07/28)

MMC、港湾部門上場は19年前半までに(07/28)

エアアジア、来年に域内2国の傘下企業上場(07/28)

イスラム教徒向け巡礼便、今年の運航を開始(07/28)

マ航空CEO、社内で後継候補6~7人選出(07/28)

私立病院協会、政府に患者減少対策を要請(07/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン