テイクオフ:広州市で日本の建築に関…

広州市で日本の建築に関する講演が行われるということで、参加してみた。講師を務めた日本の建築士は中国のテレビ番組に出演したこともあってか、若い男女を中心に立ち見が出るほどの人気ぶりだった。

講師がお笑い芸人「ピコ太郎」の実家をリフォームした話を紹介すると、会場は笑いに包まれるなど、終始なごやかな雰囲気で講演は進行した。ただ、話題が「子どもを有害物質から守るために何ができるか」といった話になると、少し空気が変わったように思えた。聴衆のまなざしが真剣さを増し、「わが子を安全な住宅で過ごさせてあげたい」という願いが伝わってくるようだった。

講師によると、日本の建築基準は有害物質を極力抑えるように考えられているという。日本の建築技術が中国で貢献できることは多いのではないだろうか。(川)


関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 建設・不動産社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

南部カンポットに港湾整備 地場財閥と中国、雇用創出1500人(04/26)

テイクオフ:まだ気温の上下が激しい…(04/26)

日系各社のNEVシフト鮮明 北京モーターショー、初公開車続々(04/26)

海事庁、産業展示会で7つの契約・覚書締結(04/26)

徐工道路機械がシェア50%、道路敷設増加で(04/26)

QDII限度枠、3年ぶりに80億ドル超拡大(04/26)

MG車の販売好調、通年で3万台予測(04/26)

MGがEV投入視野、西部でテスト走行(04/26)

対中貿易交渉へ閣僚派遣、米大統領(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン