テイクオフ:広州市で日本の建築に関…

広州市で日本の建築に関する講演が行われるということで、参加してみた。講師を務めた日本の建築士は中国のテレビ番組に出演したこともあってか、若い男女を中心に立ち見が出るほどの人気ぶりだった。

講師がお笑い芸人「ピコ太郎」の実家をリフォームした話を紹介すると、会場は笑いに包まれるなど、終始なごやかな雰囲気で講演は進行した。ただ、話題が「子どもを有害物質から守るために何ができるか」といった話になると、少し空気が変わったように思えた。聴衆のまなざしが真剣さを増し、「わが子を安全な住宅で過ごさせてあげたい」という願いが伝わってくるようだった。

講師によると、日本の建築基準は有害物質を極力抑えるように考えられているという。日本の建築技術が中国で貢献できることは多いのではないだろうか。(川)


関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 建設・不動産社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

政府、2000億ルピーの外資太陽光事業を却下(06/23)

米韓台のスチレンにAD調査、商務省が開始(06/23)

大快活が出店攻勢、香港で13~14店開設へ(06/23)

京東、ブランド通販ファーフェッチに出資(06/23)

スー・チー氏、中国に接近 原油パイプラインが稼働(06/23)

テイクオフ:料理を頼みながら胸の名…(06/23)

中国の富裕層、4年で2倍に 158万人が資産1千万元以上(06/23)

A株への流入10年で38兆円に、香港経由で(06/23)

サービス業の対GDP比60%に、発展大綱(06/23)

駐在員生計費ランク、上海は元安で下落(06/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン