テイクオフ:広州市で日本の建築に関…

広州市で日本の建築に関する講演が行われるということで、参加してみた。講師を務めた日本の建築士は中国のテレビ番組に出演したこともあってか、若い男女を中心に立ち見が出るほどの人気ぶりだった。

講師がお笑い芸人「ピコ太郎」の実家をリフォームした話を紹介すると、会場は笑いに包まれるなど、終始なごやかな雰囲気で講演は進行した。ただ、話題が「子どもを有害物質から守るために何ができるか」といった話になると、少し空気が変わったように思えた。聴衆のまなざしが真剣さを増し、「わが子を安全な住宅で過ごさせてあげたい」という願いが伝わってくるようだった。

講師によると、日本の建築基準は有害物質を極力抑えるように考えられているという。日本の建築技術が中国で貢献できることは多いのではないだろうか。(川)


関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 建設・不動産社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:東京に大雪警報が出た2…(01/24)

17年の訪韓外国人数22.7%減 THAADが東南アジア圏に影響(01/24)

家具の慕容控股、資金調達で南部工場増強(01/24)

日本車がドイツ勢を追い上げ シェア拡大、17年販売11%増(01/24)

米が太陽電池にセーフガード、中国が非難(01/24)

豪州、世界投資先順位でトップ10入り逃す(01/24)

車載用PCBの敬鵬、中国工場を拡張(01/24)

IMF、中国の成長見通しを上方修正(01/24)

今年の経済成長2.8%、IMF予測(01/24)

国有企業の純利益、17年は23.5%増(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン