伊藤忠、中信と越境EC=売上目標300億円

伊藤忠商事は16日、北京を拠点とする国有複合企業、中国中信集団(CITIC)グループと共同開発したクロスボーダー電子商取引(越境EC)サイトの運営を開始すると発表した。中国の富裕層をターゲットに日本各地の商品を販売し、3年後に年間売上高300億円を目指す。 中信集団…

関連国・地域: 中国-北京日本
関連業種: 経済一般・統計IT・通信商業・サービス観光・娯楽


その他記事

すべての文頭を開く

南部カンポットに港湾整備 地場財閥と中国、雇用創出1500人(04/26)

テイクオフ:まだ気温の上下が激しい…(04/26)

日系各社のNEVシフト鮮明 北京モーターショー、初公開車続々(04/26)

海事庁、産業展示会で7つの契約・覚書締結(04/26)

徐工道路機械がシェア50%、道路敷設増加で(04/26)

QDII限度枠、3年ぶりに80億ドル超拡大(04/26)

MG車の販売好調、通年で3万台予測(04/26)

MGがEV投入視野、西部でテスト走行(04/26)

対中貿易交渉へ閣僚派遣、米大統領(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン