東南アジア事業拡大を推進 大陽日酸、M&Aなど積極展開

産業ガスで日本最大手の大陽日酸が、東南アジア事業の拡大を推進する。2014年にシンガポールに設立した地域統括会社の体制も整いつつあり、1月には社長兼最高経営責任者(CEO)として、大陽日酸の常務執行役員も兼務する石川紀一氏が着任。本格的に域内の統括拠点として機能さ…

関連国・地域: タイベトナムミャンマーマレーシアシンガポールインドネシアフィリピンオーストラリアインド日本
関連業種: 化学・石化


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:世界最大級の開閉式ドー…(04/26)

日本製食品機械の魅力をPR 日食工、FHAにパビリオン開設(04/26)

海事庁、産業展示会で7つの契約・覚書締結(04/26)

コンフォート、ゴジェックと提携交渉か(04/26)

ヌーラボ、コミュニティースペース開設(04/26)

シングテルなど3社、W杯放映権を共同で獲得(04/26)

企業庁、ジャーマンアクセラレーターと提携(04/26)

国内2社、貿易プラットフォーム構築で提携(04/26)

CFA協会、議決権種類株上場に難色(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン