• 印刷する

港湾局、ヤンゴン港に滞留の輸入車競売

ミャンマー港湾局(MPA)は、最大都市のヤンゴン港に60日以上滞留している所有者不明の輸入車2,000台超を競売にかけると明らかにした。政府系英字紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーが15日伝えた。

製造年式制限に違反して輸入された車両や、販売店の閉鎖によって引き取り先がない車両などで、高級車も含まれる。売り上げは公表した上で、政府の歳入とする。政府は同様の競売を毎年実施している。

ヤンゴン近郊のティラワ港では、駐車スペースが限られていることもあり輸入車の滞留はないという。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 自動車・二輪車運輸小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

5月衣料輸出、6割超の伸び 5カ月連続成長、外出需要回復で(08/11)

観光ビザの取得要件、外務省が発表(08/11)

為替両替レート幅、基準の上下0.3%に制限(08/11)

外貨規制緩和に長期的な効果なし=専門家(08/11)

燃油不足が深刻化、価格も高騰(08/11)

豆類の価格高騰、中銀の通貨切り下げが影響(08/11)

日本から輸入の中古自転車、人気で価格急伸(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン