【投資の現場】ミャンマー製造業投資の魅力と課題

ミャンマーにとって2016年は“激動の1年”であったと言える。国民民主連盟(NLD)主導の新政権発足、米国経済制裁の全面解除、新投資法の制定、と投資環境に大きな影響を与える出来事が目白押しだった。投資環境改善が進む一方、特に製造業分野で周辺の東南アジア諸国連合(AS…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新たな新型コロナ感染、605人確認=14日夜(10:54)

ワクチン接種は教師などを優先に=人権委(01/15)

ダウェー特区開発、政府は3カ国会談を要望(01/15)

外国投資が7割減ペース 10~12月、3.6億米ドルどまり(01/15)

人材豊富も現地調達に課題、メコンセミナー(01/15)

ウェーブマネー、20年送金額はGDPの11%(01/15)

縫製品の原材料輸入2割減、1月初めまで(01/15)

ヤンゴン環状線改修工事、月内に完了予定(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン