豪資源輸出、2千億$突破へ 好調相場は続かずとの悲観論も

オーストラリアの産業・イノベーション・科学省は9日、2017/18年度(17年7月~18年6月)のオーストラリアの資源関連輸出総額が2,039億豪ドル(約17兆5,048億円)と、初めて2,000億豪ドルを突破するとの見通しを明らかにした。昨年から続く原料炭と鉄鉱石価格の上昇が背景。資源関連からの歳入増加により連邦政府が最高格付けトリプルA(AAA)を維持できるとの見方もある一方、好調な相場は長く続かないとの悲観論もある。9日付地元各紙が伝えた。

資源関連の輸出額が1,900億豪ドルを超えたのは、これまで11/12年度と13/14年度のみで、実現すれば2,000億豪ドルを超えるのは史上初となる。

同省の予測によれば、原料炭と鉄鉱石の価格上昇により、当初の見込みよりも280億豪ドル多い470億豪ドルの輸出額増加が見込めるという。

原料炭1トン当たりの価格は、昨年12月初旬までの5カ月間に3倍上昇し、308米ドル(約3万6,108円)に上った。昨年2月には同75.3米ドルだった。原料炭の多くがクイーンズランド州で産出されることから、同州政府は16/17年度の歳入が14億豪ドル拡大すると予想している。

ただ、同省は、現在の原料炭の価格が長く続くと考えておらず、17年に同186米ドル、18年に109米ドルに下がると予測している。これにより、16/17年度と17/18年度の原料炭の輸出総額が、399億豪ドルと266億豪ドルになるとみられている。

また鉄鉱石の16/17年度と17/18年度の平均価格は、現在の1トン当たり76米ドルから、それぞれ58米ドルと49米ドルに下落していくとの見通しだ。

一方、同省は、液化天然ガス(LNG)の輸出額が、16/17年度~17/18年度に165億豪ドルから370億豪ドルと2倍以上に増加するとしている。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 経済一般・統計天然資源政治

その他記事

すべての文頭を開く

ウッドサイド、カラサLNG工場活用に意欲(16:48)

オーストラリアの石油大手ウッドサイド・ペトロリアムのコールマン最高経営責任者(CEO)はこのほど、国…

続きを読む

豪政府、石炭技術で日本との技術提携模索(16:54)

オーストラリアのターンブル政権は28日までに、連邦政府のクリーンエネルギー金融公庫(CEFC)の資金を…

続きを読む

豪大手銀2行、金利引き上げで市場は非難(16:48)

オーストラリアの大手銀は資本調達コストが低下している局面で住宅ローン金利を引き上げた——。ナショナル…

続きを読む

テイクオフ:最近シドニーは雨がずっ…(03/28)

最近シドニーは雨がずっと続いたため、週末に近所のモールに行くと必ず駐車場が混んでいた。しかも、雨予報…

続きを読む

【日本の税務】従業員持株制度の配当・奨励金(03/28)

第224回 又野さん:こんにちは、みらい先生。今日はみらい先生に教えて頂きたいことがあり、ご連絡を致しま…

続きを読む

電力小売り価格を精査へ 豪首相、競争委に命令(03/28)

オーストラリアのターンブル首相は27日、オーストラリア自由競争・消費者委員会(ACCC)に対して電力小…

続きを読む

WA州でガス不足の恐れ、次期政権の政策で(03/28)

31日に組閣予定のオーストラリア・西オーストラリア(WA)州の労働党次期政権が、フラッキング(水圧破砕…

続きを読む

シドニー住宅競売の成約率81.1%、今年最高(03/28)

オーストラリア・シドニーで住宅オークションの成約率が先週末は81.1%に達し、今年最も高い成約率となった…

続きを読む

〔オセアニアン事件簿〕シドニー工科大准教授、中国で身柄拘束か(03/28)

シドニー工科大学(UTS)の中国研究センターの准教授で中国国籍の馮崇義(Chongyi Feng)氏が、訪問先…

続きを読む

豪政権、QLD石炭火発にアジア投資募集(03/28)

オーストラリアのターンブル政権が、クイーンズランド(QLD)州に石炭を燃料とする火力発電所を建設する…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン