【年始特集】耐久消費財の普及、既に加速 フィリピン経済座談会(中)

フィリピンの1人当たり国内総生産(GDP)は、家電や自動車といった耐久消費財や快適性を重視した生活用品などの普及が加速するといわれる3,000米ドル(約34万6,000円)を、2016年に超えた見込み。ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)、自動車、家電、金融、アパレ…

関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車IT・通信電機アパレル・繊維金融・保険商業・サービス


その他記事

すべての文頭を開く

タンドゥアイ、蒸留酒の国内シェア首位目標(15:34)

生活必需品の価格統制、白米などが対象に(15:34)

首都圏の最賃320ペソ上げ、労組が請願(14:18)

テイクオフ:現地の朝刊を読んでいる…(06/18)

5月新車販売は14%減 4カ月連続マイナス、一部回復も(06/18)

現代自の1~5月販売、7%減の1.3万台(06/18)

経常赤字2億ドルに縮小、サービス収支伸び(06/18)

優遇改正の移行期間5~7年妥当、民間団体(06/18)

税制改革で法人税率10%なら妥協、電子業界(06/18)

外国人証券運用、5月は2億ドルの売り越し(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン