【ジョコ政権1年】低所得者向け政策に一定評価:労組KSPI、「経済策は失望」

インドネシアのジョコ・ウィドド政権は昨年10月の発足以来、低所得者向けの政策を立て続けに実施してきた。教育や医療などを無償で受けられるカードの配布、住宅100万戸の開発などが挙げられる。一方で、労働面では最低賃金の算出指標の見直しなどを行っている。労働者側から見たジ…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 自動車・二輪車電機マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

地場車体製造、2階建て高級バスを発売(14:04)

海洋プラごみ削減、水産相が企業に協力要請(17:28)

鮮魚のネットオークション、政府が開始(17:16)

MYEG、インドネシアの電子政府事業強化(18:49)

【日本の税務】現地スタッフ人事評価ポイント(07/23)

テイクオフ:ホテルインドネシア前の…(07/23)

UAE企業が投資拡大へ 石化など3案件に90億ドル(07/23)

AD措置を正式決定、日欧などのステンレス(07/23)

仁宝、インドネシアへの投資を検討(07/23)

東風小康汽車、現地生産車の輸出拡大へ(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン