• 印刷する

労働省が全国の最低賃金を確定、平均8.9%上昇

インドネシア労働省は28日までに、全国34州の来年の州最低賃金(UMP)を確定した。平均上げ幅は8.91%、月額平均賃金は214万2,855ルピア(約1万7,800円)となった。

NNAが同省から入手した資料によると、最も金額が大きかったのは首都ジャカルタ特別州の月額335万5,750ルピア。労働省によると、賃金に関する政令『2015年第78号』では最低賃金の引き上げ幅について、経済成長率とインフレ率を加算した数字とすることを規定。来年の上げ幅を8.25%としていた。ただし、◇アチェ州◇パプア州◇東ヌサトゥンガラ州◇南カリマンタン州――の4州については、同政令でなく、独自の基準に基づいて最低賃金を設定した。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

国営製薬キミア、ファプロスの筆頭株主に(11:48)

首都圏LRT、6月に一部路線で試運転(16:20)

国内保険の利用義務、石炭輸出は1カ月猶予(16:17)

テイクオフ:インドネシアで生活する…(02/18)

地場3位の事業を引き継ぎ 車競売JBA子会社が業界首位に(02/18)

KL少年野球大会、400人の選手たちが熱闘(02/18)

トヨタと国営鉱業、車輪用合金の供給で提携(02/18)

1月の貿易収支、4カ月連続で赤字(02/18)

18年12月対外債務、前年同月比7%増(02/18)

東芝テレビ撤退完了、現地子会社の株譲渡で(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン