• 印刷する

香港航空10周年セール、沖縄往復650$から

中国本土の航空大手、海航集団(HNAグループ)の傘下で香港を本拠地とする香港航空(ホンコン・エアラインズ)は、設立10周年を記念するセールを実施中だ。格安の航空券を10万枚以上放出する。香港―沖縄(那覇)線の往復は税抜き650HKドル(約9,300円)から。22日付香港経済日報が伝えた。

セール対象の格安航空券はエコノミークラスとビジネスクラスで、インターネット経由で購入できる。セールは28日までで、出発期間は12月5日から来年の6月15日まで。

29の路線から選べ、うちバンコク線は400HKドルから、東京(成田)線と大阪(関空)線はともに800HKドルからなどとなる。長距離路線では、オーストラリアのゴールドコースト線が2,250HKドルから、ニュージーランドのオークランド線が3,050HKドルから。

同じくHNAグループで格安航空会社(LCC)の香港エクスプレスも24日まで、販促セールを実施。2人連れが対象で、台湾・台中線の片道が1人当たり146HKドルから、石垣島が258HKドルから、東京が286HKドルから。いずれも預け荷物の料金は含まない。対象航空券の出発期間は12月6日から来年10月28日まで。

■エティハドと共同運航拡大

香港航空は22日までに、アラブ首長国連邦(UAE)のエティハド航空との共同運航(コードシェア)を拡大することを決めた。コードシェア路線は従来から9路線増えて14路線となる。香港航空の利用者は欧州に向かう利便性が上がる。


関連国・地域: 香港日本中東
関連業種: 運輸サービス

その他記事

すべての文頭を開く

本土AI企業、香港をアジア展開の拠点に(13:31)

テイクオフ:映画を観ることが好きな…(10/16)

住宅の小型化に歯止めか 公営供給増加で需要変化(10/16)

中国、域内秩序と成長促進に支援(10/16)

蓮塘・香園囲検問所、来年半ばに完成延期か(10/16)

本土からの不動産投資、17年は過去最高額(10/16)

週末住宅取引、新築は5割減の112戸(10/16)

香港株式の実名制導入、来年にも諮問へ(10/16)

仮想通貨取引所に規制導入を検討、SFC(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン