コニカミノルタと震旦、合弁の販売会社設立

コニカミノルタは17日、カラー複合機や印刷設備の販売を手掛ける合弁会社「康タイ科技(DTW、タイ=金へんに太)」を設立したと発表した。康タイ科技は向こう3年で、台湾のハイエンドデジタル印刷市場におけるシェア3割獲得を目指す。

コニカミノルタは今年6月1日付で、オフィス家具やOA機器の販売などを手掛ける震旦集団(オーロラ)と康タイ科技を設立。所在地は新北市三重区で、資本金は1億台湾元(約3億4,500万円)、出資配分はコニカミノルタが18%、震旦が70%となっている。

コニカミノルタは、企業の印刷部門やプリントショップなどを対象としたシステム「プロダクションプリント&グラフィック」を重点事業のひとつに掲げており、康タイ科技では複合機とともに、これらデジタル印刷システムを販売。また、コスト削減やセキュリティ向上を目的に、OA機器の出力環境を最適化するサービス「コニカミノルタOPS(MPS:マネージドプリントサービス)も提案し、台湾でデジタル印刷システムやワークフローシステムを中核としたソリューションの展開を強化していく。

コニカミノルタの広報担当者によると、震旦は長年にわたりコニカミノルタ製品を台湾で代理販売しており、強固な信頼関係が合弁設立の下地にあるという。

コニカミノルタ情報機器事業営業統括部海外営業部の賀治宏至部長(左)と、DTWの劉建軍総経理=17日(コニカミノルタ提供)

コニカミノルタ情報機器事業営業統括部海外営業部の賀治宏至部長(左)と、DTWの劉建軍総経理=17日(コニカミノルタ提供)


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 経済一般・統計製造一般金融・保険

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:夏の台湾を代表する食べ…(07/23)

スターフライヤーまず2路線で 北九州と中部から、福岡便は断念(07/23)

カー用品市場にアジアが注目 先行するタイ企業など、参入模索(07/23)

【人事】シーアールイー取締役に小泉武宏氏ほか(07/23)

中国本土の103社ランクイン フォーチュン500社番付(07/23)

ベトナムのフック首相、台プラ工場を視察(07/23)

【予定】23日 大島理森衆院議長が中国訪問ほか(07/23)

大江生医が中国で機能性商品、不動産大手と提携(07/23)

【訃報】塙昭彦氏(元イトーヨーカ堂専務)(07/23)

美時と祥翊、止血剤後発薬の米国販売で提携(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン