• 印刷する

テイクオフ:路線バスで帰宅途中、少…

路線バスで帰宅途中、少年3人組が乗り込んできた。高校生ぐらいだろうか。顔にはまだあどけなさが残っていた。帰宅ラッシュで混み合う大通りを走ることわずか5分。1人が運転手に降車の合図をし、ドアが開いた瞬間、3人そろって猛スピードで駆け出し、クモの子を散らしたように人混みの中へと消えていった。

ざわめく車内。一部始終を目撃していた乗客によると、3人組の1人は、降車間際に隣に座っていた乗客の手から携帯電話を奪って逃げたという。短時間での大胆な犯行に言葉を失うとともに、「もし自分がターゲットにされていたら……」と思うと、背筋が寒くなった。

幸い事件に巻き込まれることもなく、気が緩み始めていたこのごろ。事件はいつどこで起こるか分からないぞ――。逃げていく少年たちの背中が警告を発しているように見えた。あすはわが身。油断は禁物だ。(香)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染新たに2630人、計29万9361人(09/25)

外出制限、一段の緩和に壁 マニラ首都圏、来月1日以降(09/25)

イロイロ市の外出制限、再び厳格化(09/25)

コロナ感染新たに2180人、計29万6755人(09/25)

民放ABS―CBN、ロペス名誉会長辞任(09/25)

対中政策に変更なし、大統領の仲裁判断言及で(09/25)

シェル、マランパヤガス田の権益45%売却へ(09/25)

経済区庁、登録企業の85%が事業再開(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン