デリーのPM10濃度、世界最悪レベル

世界保健機関(WHO)がこのほど公表した世界の大気汚染状況によると、インドの首都デリーの微小粒子状物質「PM10」の濃度が2011~15年は1立法メートル当たり平均200マイクログラムを超え、世界で最悪レベルだった。調査は世界で人口1,400万人以上の大都市を対象に実施した。

ビジネス・スタンダード(電子版)によると、デリーのPM10の濃度は1立法メートル当たり229マイクログラムだった。以下、エジプト・カイロが同179マイクログラム、バングラデシュのダッカが158マイクログラム、インド・コルカタ(東部・西ベンガル州)が135マイクログラム、インド・ムンバイ(西部マハラシュトラ州)が117マイクログラムで続いた。中国は、北京が108マイクログラム、上海が84マイクログラムで大気汚染が最悪レベルの都市上位10位に入った。

WHOはインドの大気汚染は、農場や工場、道路からの粉塵や岩場や土壌の粉砕が原因と指摘している。


関連国・地域: インド
関連業種: 経済一般・統計社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【アジア自動車データ集】二輪販売(260)(03/29)

2017年2月の台湾・インドネシア・フィリピン・インドの二輪車販売 【The Daily NNA 自動車ニュース編集チ…

続きを読む

テイクオフ:「ムンバイ行き?もう出…(03/29)

「ムンバイ行き?もう出発したよ」。デリー空港の搭乗口にいた格安航空会社(LCC)インディゴの男性社員…

続きを読む

世界の石油需要、新興国がけん引 国際エネルギー週間で説明会(03/29)

シンガポールのエネルギー市場監督庁(EMA)は28日、10月に開かれるシンガポール国際エネルギー週間(S…

続きを読む

小米、スマホ販売2位に躍進 売上高は倍増の20億ドル見込む(03/29)

中国の通信機器大手、北京小米科技(小米、シャオミ)がインド進出からわずか3年足らずで同国のスマートフ…

続きを読む

日産、SUV「テラノ」の新モデル発売(03/29)

日産自動車は27日、スポーツタイプ多目的車(SUV)「テラノ」の新モデルを発売した。2013年10月発売の…

続きを読む

二輪ホンダ、社長兼CEOに加藤氏(03/29)

インドの二輪車大手ホンダモーターサイクルアンドスクーターインディア(HMSI)はこのほど、4月1日付…

続きを読む

豪政府、石炭技術で日本との技術提携模索(03/29)

オーストラリアのターンブル政権は28日までに、連邦政府のクリーンエネルギー金融公庫(CEFC)の資金を…

続きを読む

スズキ、「ブレッツァ」が発売1年で11万台(03/29)

インドの自動車最大手マルチ・スズキは27日、小型スポーツタイプ多目的車(SUV)「ビターラ・ブレッツァ…

続きを読む

現代自、22年までに1300億ルピー追加投資(03/29)

韓国の現代自動車は、2022年までにインド事業に約1,300億ルピー(約2,210億円)を追加投資する。既存モデル…

続きを読む

BS3対応車種、販売時期めぐり論争続く(03/29)

インドで排ガス基準「バーラト・ステージ(BS)3」(ユーロ3に相当)対応車種の販売時期について論争が…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン