昨年の平均退職年齢、過去最高の58.1歳

台湾行政院(内閣)主計総処がこのほど発表した、昨年の工業とサービス業に従事する被雇用者の動向に関する調査結果によると、昨年の被雇用者の平均退職年齢は58.1歳だった。2014年比で0.3歳上昇し、過去最高を更新した。改正労働基準法により、退職年齢が60歳から65歳に引き上げられたことが主な理由。

昨年末時点で、工業とサービス業に従事する被雇用者の数は計742万7,000人。年齢層では、25歳から44歳までが全体の60.2%を占める。平均年齢は39.6歳で、14年比0.2歳上昇した。同一の事業所で5年以上勤務する人の割合は41.5%、平均勤続年数は6.0年となっている。毎月、労働市場に流入する人の割合と退出した人の割合を加算して2で割った「流動率」の平均は2.28%で、うち25歳未満の流動率が7.36%と世代別では最も高い。一方、45歳以上は1.02%と最も低く、若者が転職などに積極的な状況がうかがえる。

昨年1年間に事業所を定年退職した人の数は9万4,000人。うち、退職時の年齢別では、55歳~64歳が56.2%と最も多く、次いで45歳~54歳の25.3%、65歳以上が17.1%だった。平均退職年齢は、55.2歳だった06年から9年間で2.9歳上昇した。

工業とサービス業に従事する被雇用者が昨年受け取った報酬総額は平均67万5,000台湾元(約219万円)で、14年比2.4%増加した。このうち、基本給に手当てを加えた毎月の「経常性賃金」が占める割合は過去最低の68.8%だった。一方、年末のボーナスや残業代、業績に応じて受け取れる臨時配当金などで構成される「非経常性賃金」の割合は17.4%で14年比0.8ポイント上昇。従業員の保険費や福利厚生金、退職準備金、解雇手当などを含む「非給与賃金」の割合は13.8%で、同0.1ポイント低下した。


関連国・地域: 台湾
関連業種: 経済一般・統計雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

1月の「経常性賃金」、平均3.97万元(20:57)

台湾の行政院主計総処(内閣統計局)によると、今年1月の基本給に毎月の固定手当などを含めた「経常性賃金…

続きを読む

テイクオフ:引っ越しでダイエット、…(03/23)

引っ越しでダイエット、という考え方があるらしい。避けられない荷物の片付けや部屋の掃除を片っ端からこな…

続きを読む

HISが台湾の洛碁飯店買収 年内に「変なホテル」海外1号店(03/23)

旅行会社大手エイチ・アイ・エス(HIS)は21日、ホテル運営を手掛ける100%子会社のHISホテルホールデ…

続きを読む

富士康と小米、インドに2カ所目のスマホ工場(03/23)

EMS(電子機器の受託製造サービス)世界最大手、鴻海精密工業の中核企業で携帯電話などの受託製造を手掛…

続きを読む

TPKと欧菲光が相互出資、合弁設立も計画(03/23)

タッチパネル台湾最大手の宸鴻光電科技(TPK)は21日、中国の同業である深セン欧菲光科技(Oフィルム)…

続きを読む

行政院、デジタルインフラ構築に460億元(03/23)

台湾行政院(内閣)は21日、今年からの4年間で「スマート化とデジタル」のインフラ投資に460億台湾元(約1…

続きを読む

POSの振樺電、16年は過去最高益に(03/23)

小売店などで使われるPOS(販売時点情報管理)システム用モニターを主に手掛ける振樺電子がこのほど発表…

続きを読む

晶電、16年4Q営業利益率は9四半期来で最高(03/23)

LEDエピタキシャルウエハーチップ大手の晶元光電(晶電、エピスター)が発表した2016年第4四半期の本業…

続きを読む

Gogoro、スーパーの全聯に電池交換スタンド(03/23)

電動スクーター「Gogoro Smartscooter(ゴゴロ・スマートスクーター)」を手掛けるベンチャーの睿能創意…

続きを読む

家電の声宝、2016年利益が10年で最高に(03/23)

家電大手の声宝(サンポ)がこのほど発表した2016年の連結決算は純利益が7億8,900万台湾元(約29億円)に上…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン