自動車各社が販売攻勢、成約特典は金貨

来月1日に始まるヒンズー教の祭典「ナブラトリ」を控え、インドでは自動車各社が熱心に消費者の取り込みを図っている。今年の特徴は成約者に金貨をプレゼントするメーカーが多いことだ。ビジネス・スタンダード(電子版)が28日に伝えた。

今年は9月16~30日が「シュラッド」と呼ばれる期間で、祖先を悼む時期に当たる。シュラッドの期間中は縁起が悪いとされ、買い物などが控えられる傾向がある。消費者の購買意欲が減退する中、自動車各社が熱心に売り込みをかける背景には、2016/17年度(16年4月~17年3月)に入って弾みがついた販売の勢いを維持したいとの思惑があるようだ。金貨を成約の特典にしているのは、マルチ・スズキ、日産、ゼネラル・モーターズ(GM)などの各社。金貨の重さは車種によって異なり、縁起が良いとされるナブラトリの期間中に納車日を指定することも可能だ。

インド自動車工業会(SIAM)によると、4~8月の乗用車販売台数は前年比11%増の121万台だった。雨期の順調な経過と公務員給与の引き上げ、金利の安定的な推移が販売を押し上げたと受け止められている。


関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

米フォード、4月から最大2%値上げ(22:57)

米フォード・モーターは、4月からインドで車両の販売価格を最大2%値上げする方針だ。製造コストが上がっ…

続きを読む

国内線旅客数、16年は日本抜き世界3位(22:03)

インドの国内線旅客数が2016年は1億人に達し、日本を抜いて世界3位になった。オーストラリアのシンクタン…

続きを読む

米ウォルマート、向こう4年で50店開設(20:35)

米小売り大手ウォルマート・ストアーズは、向こう3~4年でインド国内50カ所にキャッシュ・アンド・キャリ…

続きを読む

テイクオフ:国営エア・インディアで…(03/27)

国営エア・インディアでエコノミー席に座らされたことに腹を立てた上院議員が、ベテランの男性乗務員をスリ…

続きを読む

【書籍ランキング】3月9日~3月15日(03/27)

■<ビジネス書ベスト10> 1.『小さな会社の儲かる整頓』小山昇(日経BP社) 2.『やり抜く力 人生…

続きを読む

トヨタ、「レクサス」を投入 独3強と差別化へHVを訴求(03/27)

トヨタ自動車は24日、インドで高級ブランド「レクサス」を投入した。3車種・計4モデルを展開し、うち3モ…

続きを読む

二輪バジャジ、カワサキとの提携解消へ(03/27)

インドの二輪・三輪車メーカー大手バジャジ・オートは25日、同国内におけるカワサキ・ブランドの二輪車の販…

続きを読む

GM、マハ州の工場で3年間の賃金協定締結(03/27)

米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)のインド法人GMインディアは25日、タレガオン工場(西部マハラ…

続きを読む

タタ自の賃金問題、「数週間」で解決の見通し(03/27)

インドの自動車大手タタ・モーターズが、従業員との長期的な賃金協定の締結に意欲を示している。広報担当者…

続きを読む

BS3適合車、販売店の在庫80万台余り(03/27)

インド国内の自動車販売店が、商用車と二輪車を中心に、排ガス規制「バーラト・ステージ(BS)3」(欧州…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン