投資アンセム、ヤンゴンの外食RTHと提携

ミャンマー最大都市ヤンゴン中心部にある人気レストラン「ラングーン・ティー・ハウス(RTH)」は、ヤンゴンを拠点とする投資会社アンセム・アジアと提携した。11月にレストラン兼バーを開業する。週刊誌フロンティア・ミャンマー電子版が26日伝えた。

アンセム・アジアによると、RTHは今後、店舗拡張やケータリング事業、新ブランド開発などに資金を投じる。11月には既存店が2階に入居するパンソーダン通り沿いのビル1階部分に、新たなレストラン兼バーを開く。店舗拡大やケータリング事業を見据え、セントラルキッチン(集中調理施設)も設ける計画。投資額など詳細は明らかにしていない。

アンセム・アジアの共同設立者で社長のジョセフィーヌ・プライス氏は「ミャンマーを代表するブランドを作りたいという、創業者テット・ミェット・ウー氏らのチームの計画を支援できてうれしい」とコメント。12年に英国から帰国してRTHを創業したテット・ミェット・ウー氏は、「ミャンマー伝統料理を前向きに捉え、モダンで親しみやすいものにしたい」と語った。

ヤンゴン中心部のRTHは2014年に開業した。古い建物をモダンにアレンジした店で、ミャンマー伝統料理とともにコーヒーやビール、ワインを提供。ミャンマー人富裕層や欧米人観光客らに人気が高い。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 食品・飲料商業・サービス

その他記事

すべての文頭を開く

車政策案を6月末までに策定 日緬官民対話、投資環境整備促す(03/29)

自動車分野の投資誘致と産業発展を目指すミャンマーの「国家自動車政策」について、コ・コ・ルウィン工業次…

続きを読む

課題山積で正念場 「スー・チー政権」1年(03/29)

【ヤンゴン共同】ミャンマーで民主化運動指導者だったアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相が事実上トッ…

続きを読む

方針決まらず経済停滞、電力開発が課題(03/29)

【ヤンゴン共同】アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相が事実上率いる政権では長期的な経済政策の方針が…

続きを読む

三菱商事、20年めどに総合病院開設(03/29)

三菱商事は28日、2020年をめどに最大都市ヤンゴンに総合病院を開設すると発表した。総事業費は約100億円で、…

続きを読む

越FPTが光通信網に年内着工、政府受注も(03/29)

ベトナムのIT最大手FPTは、ミャンマーで年内に光ファイバー敷設事業の第1期計画に着手すると明らかに…

続きを読む

国際協力銀が融資、両備HDのティラワ倉庫(03/29)

国際協力銀行(JBIC)は28日、両備ホールディングス(岡山市)との間で、計1,400万米ドル(約15億5,000…

続きを読む

雲南省政府、国境貿易業者の口座凍結解除へ(03/29)

ミャンマー北東部シャン州と接する中国の雲南省政府は、瑞麗市と国境を接するミャンマー側の町ムセの貿易業…

続きを読む

バガン遺跡の夕日観賞スポット、整備が遅延(03/29)

ミャンマー中部の遺跡都市バガンで、夕日観賞向け観光地を整備する計画が遅れている。パゴダ(仏塔)に登っ…

続きを読む

豪iセントリック、ゲーム開発企業を買収(03/29)

デジタルコンテンツの配信などを手掛けるオーストラリアのiセントリックは、ミャンマーのゲーム開発会社マ…

続きを読む

対ロ関係が軍事から多様化、来年外交70年(03/29)

ミャンマーは来年、ロシアと1948年に外交を樹立して70周年を迎える。両国関係は従来、軍事協力が中心だった…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン