「餃子の王将」、台湾1号店オープンの準備着々

中華料理チェーン「餃子の王将」を展開する王将フードサービスは12日、来年3月末までに台湾現地法人を設立すると明らかにした。同社の渡辺直人社長は6月に開いた株主総会で、「確約はできないが年内に台北市で1号店を設けるため全力を挙げる」と述べており、広報担当者は「早ければ年内に子会社設立と1号店オープンが実現する可能性もある」とNNAに話した。

台湾では既に現地のコンサルティング会社などと提携し、事務所や1号店の店舗選定を開始。台湾在住日本人ではなく台湾人をターゲットにした店作りを目指し、台湾人の嗜好(しこう)に合わせたメニューの開発やアレンジも進めている。日本のスタイルをそのまま持ち込むのではなく、王将が培った大衆性やイメージを基本にしながら、台湾人に受け入れられる「日式中華」を確立するのが当面の目標という。

王将フードサービスは2005年1月、中国・遼寧省大連市に初の海外現地法人である王将餃子(大連)餐飲を設立し、最盛期には同市内に「餃子王将」6店舗を展開。だが日本人駐在員を主要顧客としたため現地消費者の嗜好に合ったメニューが提案できず、業績は低迷。「中国特有の商習慣や法規改正に翻弄(ほんろう)された面もあり、当初目指していた基盤作りやブランド浸透に至らなかった」(広報担当者)ことから、14年10月末で王将餃子(大連)餐飲を清算、海外事業から撤退していた。

1967年創業の王将フードサービスは16年3月末現在、日本で「餃子の王将」直営店473店、フランチャイズ店233店の計706店を展開している。


関連国・地域: 中国台湾日本
関連業種: 食品・飲料金融・保険商業・サービス

その他記事

すべての文頭を開く

台湾人の海外就職も「新南向」 ASEAN希望者、2年で2割増(04/21)

中国一辺倒の経済から脱し、東南アジア諸国連合(ASEAN)やインド、オセアニアとの関係を強化していく…

続きを読む

力晶のDRAM受注、需要増で年内は満載(04/21)

ファウンドリー(半導体の受託製造)などを手掛ける力晶科技(パワーチップ)の黄崇仁執行長は19日、同社の…

続きを読む

和碩、24億元で上海・昆山に新設備導入(04/21)

EMS(電子製品の受託製造サービス)大手、和碩聯合科技(ペガトロン)は19日、総額24億1,800万台湾元…

続きを読む

光学部品の声遠、台中輸出加工区に生産拠点(04/21)

パソコン(PC)やマザーボード(MB)大手、技嘉科技(ギガバイト)の子会社で光学部品を手掛ける声遠精…

続きを読む

自動車部品の東陽、今年の営業利益3割増も(04/21)

自動車部品大手の東陽事業集団は、アフターマーケット(AM)とOEM(相手先ブランドによる生産)の2大…

続きを読む

中鴻鋼鉄、彰浜工場の月産量が過去最多に(04/21)

鋼鉄台湾最大手、中国鋼鉄(中鋼)傘下の中鴻鋼鉄は3月、彰化県の彰化濱海(彰浜)工業区にある鋼管工場の…

続きを読む

台中花博が18年秋開幕、800万人誘致へ(04/21)

2018年11月に台中市で開幕する国際的な花や園芸の博覧会「台中世界花卉博覧会(台中花博)」のメーン会場と…

続きを読む

金宝のウエアラブル心電図装置、欧州で認証取得(04/21)

金仁宝集団傘下でネットワーク機器などの製造を手掛ける金宝電子工業が自社開発したウエアラブルの心電図機…

続きを読む

タイ拠点合板製造の緑河、34億元で新工場(04/21)

合板メーカーで、タイを拠点に事業展開する台湾系企業(台商)の緑河(グリーンリバー・ホールディング)は…

続きを読む

モデナス、印企業とストリートバイク製造へ(04/21)

マレーシアのコングロマリット(複合企業)DRBハイコム傘下のバイクメーカー、モトシカル・ダン・エンジ…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン