台プラ4社、8月は南亜が最も好調

台塑関係企業(フォルモサプラスチックグループ、台プラ)主要4社の8月の連結売上高は、南亜塑膠工業(南亜、ナンヤプラスチック)のみ前月比、前年同月比共に増えた。同社は、石油化学製品の売り上げが減ったが、主に電子材料の需要が回復した。6日付中央通信社などが伝えた。

4社の合計売上高は1,056億5,900万台湾元(約3,473億円)で、前月比5.2%、前年同月比4%それぞれ減った。4社のうち、川上に当たる台塑石化(台塑化、フォルモサ・ペトロケミカル)のアルケン工場が定期メンテナンスに入ったことが、他3社の業績にも影響した。

南亜の売上高は231億9,603万元で、前月比2.1%、前年同月比0.6%それぞれ増加。自社のビスフェノールA(BPA)工場も定例の保守があり、石化製品の売り上げを押し下げたが、電子材料やポリエステル製品などが好調で、前年同月比では15カ月ぶりの増収となった。

台湾化学繊維(台化、フォルモサケミカルズ・アンドファイバー)の売上高は265億3,476万元で、前年同月比3.5%増えたものの前月比では5.1%減った。一部工場の定期検査を実施したことに加え、9月に予定している定期検査に向けて在庫を積み増ししたことが、前月比減収につながった。

台塑化と台湾塑膠工業(台塑、フォルモサプラスチック)はいずれも、前月比と前年同月比で減収。このうち台塑は台塑化の工場のメンテナンスに伴い、自社工場でもメンテナンスや定期検査を進めたことで生産量が減った。また中国での生産過剰による一部石化製品の価格下落や、台湾元の米ドルと人民元に対する値下がりなども響いた。


関連国・地域: 台湾
関連業種: 経済一般・統計化学・石化

その他記事

すべての文頭を開く

1QのGDP成長率2.56%、域内投資の回復鮮明(04/28)

台湾の行政院主計総処(統計局)が4月28日に発表した第1四半期(1~3月)の実質域内総生産(GDP、速…

続きを読む

台鉄、22年ぶり運賃値上げへ 12月にも実施、普通車は7.5%増(04/28)

台湾鉄路(台鉄)の運賃が、早ければ年末にも引き上げられる見通しだ。台鉄を運行する台湾交通部台湾鉄路管…

続きを読む

本土旅行者が香港回帰 労働節、返還20周年活動が人気(04/28)

今年の労働節(メーデー)連休(4月29日~5月1日)は、香港を訪れる中国本土客の増加が見込まれている。…

続きを読む

神達の米GPS子会社、米国サムスンと提携(04/28)

衛星利用測位システム(GPS)やサーバーを手掛ける神達電脳(マイタック)の米国完全子会社で、GPS大…

続きを読む

UMC、1Q純利益は前年同期比11倍(04/28)

ファウンドリー(半導体の受託製造)台湾2位の聯華電子(UMC)が26日発表した第1四半期(1~3月)の…

続きを読む

南亜科、1Q純利益は前年同期比77%増(04/28)

台塑関係企業(フォルモサプラスチックグループ、台プラ)のDRAM大手、南亜科技(ナンヤ)が26日に発表…

続きを読む

ライブ配信アプリ「17」、シンガの同業と合併(04/28)

交流アプリケーション「Paktor(パクトル)」を展開するシンガポールのパクトルは26日、台湾でスマートフォ…

続きを読む

自動車部品ミンダ、台湾企業と折半出資で合弁(04/28)

インドの自動車部品メーカー、ミンダ・インダストリーズは27日、インドで台湾の同業、同致電子(TTE)と…

続きを読む

日米連合で1.8兆円規模、東芝事業買収で有力候補(04/28)

【共同】経営再建中の東芝が売却手続きを進めている半導体新会社「東芝メモリ」(東京)に関し、官民ファン…

続きを読む

裕隆、台中に台湾最大のEVステーション(04/28)

裕隆集団傘下で電気自動車(EV)用充電システムの生産や販売などを手掛ける裕隆電能が、台中市政府と提携…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン