「中国機は豪州攻撃も可能」 弾道ミサイル防衛構築を=専門家

中国人民解放軍空軍の馬暁天・司令官が2日、中国が長距離爆撃機を開発していると発表したことで、オーストラリアにも脅威が広がっている。中国の爆撃機が南シナ海の人工島から発射すれば、オーストラリア北部が射程距離内になるためだ。オーストラリアは弾道ミサイル防衛体制を構築すべきとの声も出ている。4日付シドニー・モーニング・ヘラルドなどが伝えた。

米シンクタンクの戦略国際問題研究所(CSIS)は「中国の弾道ミサイルの急速な発展を受けて、オーストラリアは日本や韓国のようにミサイル防衛を深刻に検討するよう迫られている」と話した。専門家の間では、中国が南方へ軍事力を拡大しており、中国と米国の関係が悪化した場合、米国の同盟国であるオーストラリアの果たす役割は大きくなるとしている。

政府系シンクタンクのオーストラリア戦略指針協会(ASPI)は「オーストラリア政府は、巡航ミサイルを搭載した中国の爆撃機H6Kが南沙諸島からさらに南を攻撃可能であることを認識すべき」と述べた。中国が計画するステルス戦闘機H-20も脅威となり得るという。

また、専門家らは、中国による諜報活動について、ターンブル政権が対策に消極的として懸念している。米国の外交政策の専門家は「中国への経済依存度が高いオーストラリアは今後数年で、中国によるインフラ投資や南・東シナ海問題で難しい決断に迫られることになる」とした。

ターンブル首相は、中国・杭州できょう5日まで開かれる20カ国・地域(G20)首脳会合に出席している。


関連国・地域: 中国韓国オーストラリア日本米国
関連業種: 経済一般・統計食品・飲料政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:両親は日本から来るたび…(04/24)

両親は日本から来るたびに、歩行者用信号の短さについて文句を言う。こちらの信号は青から黄色に変わると音…

続きを読む

【書籍ランキング】4月6日~4月12日(04/24)

■<ビジネス書ベスト10> 1.『成功企業に学ぶ 実践フィンテック』北尾吉孝(日本経済新聞出版社) 2…

続きを読む

労働市場テスト、日本人免除か 移民相が明言、FTA締結国に(04/24)

オーストラリア連邦政府が進める外国人の就労ビザ規制強化の一環である労働市場テストが、日本や中国、韓国…

続きを読む

市民権審査を厳格化、「豪の価値観」試験も(04/24)

オーストラリア連邦政府は、市民権取得のための審査を厳格化する方針を明らかにした。申請資格を得るまでの…

続きを読む

〔政治スポットライト〕豪首相、米副大統領と会談=同盟を再確認(04/24)

オーストラリアのターンブル首相は22日、アジア太平洋地域歴訪の一環としてシドニーを訪れたペンス米副大統…

続きを読む

リオが銅生産量予想引き下げ、ストが影響(04/24)

英豪系資源大手リオ・ティントはこのほど、2017年通年の銅生産量の見通しを、これまでの55万~66万5,000トン…

続きを読む

豪の二重構造の法人税制は悪手=IMF(04/24)

オーストラリアが導入する方針の二層構造の法人税制は、経済成長と生産性の向上を抑制する結果につながる―…

続きを読む

豪連邦裁、シェブロンへの追徴課税命じる(04/24)

オーストラリアの連邦裁判所はこのほど、米石油大手シェブロンがグループ内で実施した融資について、租税回…

続きを読む

〔ポッサムのつぶやき〕高所得者48人が税逃れ、平均所得246万$(04/24)

年間の税引き前所得が100万豪ドル(約8,200万円)を超える高額所得者のうち48人が、2014/15年度に所得税…

続きを読む

豪郵便局が10%値上げへ、大口顧客を対象(04/24)

オーストラリア・ポスト(AP)が7月1日から、大口顧客の郵便料金を10%引き上げる予定だ。値上げは今年…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン