国営製鉄、圧延鋼帯の第2生産拠点を着工

インドネシアの国営製鉄クラカタウ・スチールは22日、バンテン州チレゴンの工業団地クラカタウ・インダストリアル・エステート・チレゴン(KIEC)で、連続熱間圧延機(ホット・ストリップ・ミル、HSM)施設「HRC第2工場(HRC2)」を着工した。2019年1~3月(第1四半期)の稼働を目指す。

ドイツのエンジニアリング大手SMSグループとの合同プロジェクトで、両社のコンソーシアム(企業連合)とクラカタウ・エンジニアリングが建設を担当する。生産能力は年間150万トン。同日付コンタンによると、総工費は3億8,180万米ドル(約385億円)で、このうち2億6,005万米ドル分をドイツの信用保険大手ユーラーヘルメスから調達した。

同日に記者会見したクラカタウ・スチールのスカンダル社長は「HRC2が完成すれば、圧延コイルの生産量を現在の年産240万トンから390万トンに拡大できる。他の施設でも拡張を進め、年産400万トンを目指す」と話した。現在同社では圧延鋼板や圧延鋼帯などの製品が売り上げの中心を占めており、14年には売上高の6割に達した。

インドネシア投資調整庁(BKPM)のトマス・レンボン長官は、新しいHSMが国内に設置されることで「鉄鋼輸入増による貿易赤字の是正につながる」と述べ、国内の鉄鋼産業の活性化に期待を示した。

HRC2で生産される圧延鋼帯は幅が600~1,650ミリ、厚さが1.4~16ミリとなる計画。自動車業界や建設業界向けに売り込みを進める。

Thumb 20160823 idr krakatau steel w

クラカタウ・スチールのHRC2着工式に参加した関係者=22日、バンテン州チレゴン(BKPM提供)


関連国・地域: インドネシア欧州
関連業種: 鉄鋼・金属

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ジャカルタ郊外で開発中…(03/30)

ジャカルタ郊外で開発中の新都市「オレンジ・カウンティ」がどういう街になるのか、また国内でどういう評価…

続きを読む

ホンダ、新スクーピーを発表 年間60万台の販売を目標に(03/30)

インドネシアの二輪最大手アストラ・ホンダ・モーター(AHM)は29日、ファッションスクーター「スクーピ…

続きを読む

富士通現法の新社長就任、専門性特化に注力(03/30)

富士通の現地法人、富士通インドネシアは29日、オディ・ハンドコ新社長の就任を発表した。新社長の下で情…

続きを読む

テラドローンがODA案件支援、支店設立も(03/30)

ドローン(小型無人機)総合ソリューション企業のテラドローン(東京都渋谷区)は29日、インドネシアの首都…

続きを読む

大統領、仏政府と5分野で協力に合意(03/30)

インドネシアの内閣官房は29日、ジョコ・ウィドド大統領が、同日からインドネシアを公式訪問しているフラン…

続きを読む

外資の工業団地開発を支援、投資調整庁(03/30)

インドネシアの投資調整庁(BKPM)は、外国企業による工業団地の開発を支援する方針を明らかにした。政…

続きを読む

欧州基準適合のガソリン導入を義務化(03/30)

インドネシアで間もなく、欧州排ガス規制「ユーロ4」に対応した自動車燃料油の導入を義務化する環境・林業…

続きを読む

セゾン情報、データ連携ソフトをタイ拡販へ(03/30)

セゾン情報システムズ(東京都豊島区)は28日、ファイル転送ミドルウエア「HULFT(ハルフト)」シリー…

続きを読む

5月から国際線も発着、首都空港第3ビル(03/30)

インドネシア運輸省は、首都ジャカルタの空の表玄関、スカルノ・ハッタ国際空港の第3ターミナルを、5月1…

続きを読む

首都港アクセス道、運営に国営建設を指名へ(03/30)

インドネシア政府は、首都ジャカルタのタンジュンプリオク港に接続するアクセス高速道路の運営事業者として…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン