渦潮電機、電動三輪3千台を9月から納車

渦潮電機(愛媛県今治市)は9月末からフィリピンのエネルギー省から受注した電動三輪タクシー(電動トライシクル、eトライク)3,000台を順次納車する。エネルギー省の計画では、マニラ首都圏と首都圏近接の南部タガログA(カラバルソン)地方に導入する予定だ。

渦潮電機の現地子会社BEMACエレクトリック・トランスポーテーション・フィリピンが車両の心臓部であるパワーコントロールユニット(PCU)を製造、現地パートナー企業のアルマゾーラ・モーターズが車両を組み立てる。PCUには、電池制御システムを搭載し、日本製のリチウムイオン電池などを採用している。運転手を含めて6人乗りで、最高速度は時速40キロメートル、充電時間は1回2時間。

フィリピンには約350万台の三輪タクシーがあるとされ、排気ガスによる大気汚染が深刻化したことから、エネルギー省は10万台を電動三輪タクシーに取り換える計画を発表。アジア開発銀行(ADB)の支援を受け、導入を進めている。

第1弾の入札は2015年5月に行われ、渦潮電機は、車両納入費と付帯サービス関連費用を合わせて3,074万7,000米ドル(約30億7,000万円)で契約を結んだ。

地元紙によると、エネルギー省は年内に新たに6,000台の入札を行う予定。渦潮電機の担当者は、「正式な発表があれば対応していきたい」と話した。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 自動車・二輪車社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

タイ食品最大手CPF、比事業を拡大へ(03/24)

タイの食品最大手チャロン・ポカパン・フーズ(CPF)は、向こう5年間で20億米ドル(約2,222億円)を投じ…

続きを読む

1月の財政収支、22億ペソの黒字(03/24)

フィリピンの財務省財務局の発表によると、2017年1月の財政収支は22億2,000万ペソ(約49億1,000万円)の黒…

続きを読む

ランドバンク、バーレーンに支店開設検討(03/24)

フィリピンの財務省は、バーレーンにフィリピン土地銀行(ランドバンク)の支店開設を検討している。現地の…

続きを読む

インフラ主力事業55件選定 NEDA、現政権中に実現へ(03/24)

フィリピンのドゥテルテ政権が進める「インフラ整備の黄金時代」実現に向けた動きが加速している。国家経済…

続きを読む

ベネッセ系BPO、マニラに2拠点目(03/24)

ベネッセグループでコールセンターやバックオフィスなどのビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)…

続きを読む

【アジア三面記事】罰金は1千ドル(03/24)

■罰金は1千ドル 行き過ぎたコスプレで騒動を起こしたシンガポールの男性に罰金1,000Sドル(約8万円)が…

続きを読む

通信会社の設備投資率、世界最高水準の25%(03/24)

フィリピンの通信会社による設備投資が活発だ。スウェーデンの通信機器大手エリクソンがこのほど、フィリピ…

続きを読む

政策金利据え置き、物価上昇も管理可能(03/24)

フィリピン中央銀行は23日、金融委員会の政策決定会合を開き、政策金利の翌日物借入金利(RRP)を3.0%に…

続きを読む

23日為替:$1=50.325ペソ(↓)(03/24)

23日のペソ相場は3日続落した。政府公式レートの終値は前日比0.005ペソ安の1米ドル=50.325ペソだった。こ…

続きを読む

アジア企業景況感、比は2四半期ぶり最高(03/24)

米トムソン・ロイターがこのほど発表した2017年第1四半期(1~3月)のアジア企業景況感調査で、フィリピ…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン