テスラの最新車種が上陸 陸上庁、環境適合車として認定

米電気自動車(EV)大手テスラ・モーターズの「モデルS」の最新バージョンが、近くシンガポールの路上にお目見えする見通しだ。モデルSをめぐっては今年に入り、香港からの輸入車がシンガポール政府から環境適合車として認定されなかったとして、同社のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)がリー・シェンロン首相に抗議する一幕もあったが、新たに輸入された車両はすでに陸上交通庁(LTA)から優遇税制措置の適用にお墨付きを得ているという。

シンガポールでは2013年1月に環境適合車に対する優遇制度「排出ガスに基づく車両スキーム(CEVS)」が導入された。1キロメートル走行当たりの二酸化炭素(CO2)排出量によって、課税区分を9段階に分類。排出量が160グラム以下の乗用車の購入者に優遇税制措置として5,000~3万Sドル(約37万6,000~226万円)の割戻金を支払うが、211グラム以上の車両の場合には5,000~3万Sドルを追加登録料(ARF)として徴収する仕組み。

テスラのモデルSは、工場出荷時の検査で消費電力が1キロメートル走行当たり181ワット時(Wh)とされている。これはCO2排出量に換算すると、同90グラムに相当する。だが、あるシンガポールのIT企業幹部が香港から輸入した同車種をLTAが検査したところ、消費電力が1キロメートル走行当たり444Wh時に達することが確認され、CO2排出量が222グラムに相当するとして、1万5,000Sドルの炭素税が課された。テスラはこれを不服とし、検査方法に問題があるとして、シンガポール側に再検査を要請していた。

現在、シンガポールの路上を走行するテスラ車はこの1台のみ。以前にも別の車両が走っていたが、12年に登録が取り消されている。

15日付ビジネス・タイムズによると、LTAの報道官はシンガポールで3台目となる新たなテスラ車が輸入されたことを明らかにした。モデルSの最強版とされる「P85D」で、2台のモーターを積んだ4輪駆動車だ。LTAは同車種を、CO2排出量が160グラム以下の課税区分のうちA3に当たると認定。購入者は、1万Sドルの割戻金が得られるという。

■再検査はなし

環境適合車として認定されなかったモデルSは中古車だったが、今回輸入されたのは新車とされる。このため、LTAはあらためてCO2排出量を確認する必要はないと判断したもよう。

LTAとテスラは問題となった車の再検査について協議してきたが、LTAは今回「(購入後の)走行・保守によって車両の状態が変化しているため、再検査をしても意味がない」との見解を表明。一方のテスラは再検査に対する言及は避けた上で、政府の先進的な姿勢や消費者の環境意識の高さ、新技術の積極的な受容などを背景に、シンガポール市場での積極的な展開に意欲を示した。

■モデル3を導入へ

テスラは10年にシンガポールに拠点を設けたものの、販売が振るわず、11年初めに撤退。CEVSの導入後、13年末に再び拠点を出し直した経緯がある。

テスラの広報担当者によると、4月1日に発表した「モデル3」はシンガポールにも導入する方針。米国での販売価格は3万5,000米ドル(約355万円)で、18年の納車開始が予定されている。シンガポールでの価格や発売時期はまだ明らかにされていないが、すでに4月初めの時点で十数台の予約が入っているとも伝えられている。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 経済一般・統計

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:多民族・多宗教国家のシ…(03/30)

多民族・多宗教国家のシンガポールで生活していると、全く異なる食文化の人と交流する機会も増える。菜食主…

続きを読む

スマートグラスをホテルに提供 エプソン、域内業界で初運用(03/30)

セイコーエプソンは29日、最新の眼鏡型ウエアラブル端末モベリオ「BT―300」を、仏ホテル運営大手アコーホ…

続きを読む

亜細亜大、初の海外拠点を開設(03/30)

亜細亜大学は29日、シンガポールに初の海外拠点となる事務所を開設した。国際交流プログラムのさらなる充実…

続きを読む

16年の顧客満足度、過去最高の水準に(03/30)

シンガポール経営大学(SMU)のサービス・エクセレンス研究所(ISES)が29日発表した2016年のシンガ…

続きを読む

DHL、EC向け国際宅配で米に配送開始(03/30)

独郵便・物流大手のドイツポストDHLグループは28日、傘下のDHL eコマースが電子取引(EC)など向…

続きを読む

2月の空港利用者数、1.5%増の467万人(03/30)

シンガポールのチャンギ空港を運営するチャンギ・エアポート・グループ(CAG)は29日、2月の同空港の利…

続きを読む

車両購入権価格、4項目で上昇(03/30)

シンガポールの陸上交通庁(LTA)が29日発表した3月第2回の車両購入権(COE)入札の結果は、5項目…

続きを読む

セゾン情報、データ連携ソフトをタイ拡販へ(03/30)

セゾン情報システムズ(東京都豊島区)は28日、ファイル転送ミドルウエア「HULFT(ハルフト)」シリー…

続きを読む

半導体協会、IoT規格の国際団体と提携(03/30)

あらゆるものをインターネットにつなげる「モノのインターネット(IoT)」規格の統一を推進する国際団体…

続きを読む

NTUCとポリテク、中小のデジタル化支援(03/30)

シンガポールの全国労働組合会議(NTUC)は27日、南洋ポリテクニック(国立技術高等専門学校、NYP)…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン