テイクオフ:フィリピンで暮らして憤…

フィリピンで暮らして憤りを覚えるのは、バナナの値段の高さだ。おなじみのキャベンディッシュ種は、日本のスーパーマーケットでは8本で200円も出せばお釣りがくる。しかし、マニラでは100ペソ(約215円)以上。味も日本で食べるのと大差ない。

ミンダナオ島ダバオの農園主は、国内海運の寡占で、ダバオからの輸送費は日本へよりもマニラへの方が高いと嘆き、ドゥテルテ新政権による外資規制緩和などの改革に期待する。バナナ農園で働くのは、最低賃金で雇われる土地を持てない人たちだ。経済水準が3分の1程度のミャンマーと同じぐらいの簡素な家に住んでいる。「前政権の経済成長の恩恵は大多数の貧困層には還元されていない」との批判に納得する。

それだけに今年6月末に発足した新政権への国民の期待は高まる一方だが、失望に転じた時のリスクを考えてみる必要もありそうだ。(遠)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 農林・水産社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【書籍ランキング】4月13日~4月19日(05/01)

■<ビジネス書ベスト10> 1.『AI経営で会社は甦る』冨山和彦(文藝春秋) 2.『金融ジェロントロジ…

続きを読む

大手財閥、好景気で業績向上 インフラ注力の姿勢鮮明に(04/28)

フィリピンで財閥企業が成長している。前年比6.9%の国内総生産(GDP)成長率を記録した昨年、大手7社は…

続きを読む

【アジア三面記事】鉄の皮(04/28)

■鉄の皮 うー、背中を銃で撃たれた――。散弾銃で銃撃されながらほぼ無傷で済んだ鉄の老女が、タイで話題…

続きを読む

3月の財政収支、赤字が17%縮小(04/28)

フィリピンの財務省財務局が26日発表した2017年3月の財政収支は615億ペソ(約1,372億円)の赤字となったが…

続きを読む

メラルコのケソン発電計画、融資交渉が進行(04/28)

フィリピンの配電最大手マニラ電力(メラルコ)は、ケソン州で予定する石炭火力発電所の建設計画に関して、…

続きを読む

地方5空港の審査書類提出期限、6月に延期(04/28)

フィリピンの運輸省は、官民連携(PPP)方式で進める地方5空港の開発および運営管理(O&M)事業につ…

続きを読む

住宅開発8990、セブで2件の大型事業開始(04/28)

フィリピンで低価格住宅の開発を手掛ける8990ホールディングスは、セブ州で新たに2件の大型住宅開発プロジ…

続きを読む

住宅アビダ、ルソン南部で売上36億ペソ狙う(04/28)

フィリピンの不動産開発最大手アヤラ・ランド(ALI)傘下で主に住宅を手掛けるアビダ・ランドは、今年は…

続きを読む

国内セメント需要、25年に1千万トン増加も(04/28)

フィリピンのイーグル・セメント(ECC)は、2025年までに国内の年間セメント需要が1,150万トン増加すると…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン