製造業景況感、7~12月期はやや悪化

Thumb 20160801 sgd dimanu01

シンガポール経済開発庁(EDB)が7月29日発表した7~12月期の製造業の景況感調査で、業況判断指数(DI)はマイナス1となり、前回調査(4月発表)のプラス1からやや悪化した。石油業界で先行きを悲観視する企業が増えた。

DIは、前四半期と比べて業況の改善を予想する企業の割合から悪化を予想する企業の割合を引いた値。今回の調査は6~7月に製造業432社を対象に実施した。回答率は95%。

7~12月期の景気が4~6月期と比べて「改善する」と回答した企業は11%、「悪化する」は12%、「変わらない」は77%だった。

主要6業種中、最も先行きを悲観しているのは化学で、DIはマイナス19。特に石油がマイナス64と、前回のマイナス39から大きく悪化した。石油精製事業の利益率低下に対する懸念が強まっていることが背景にある。

輸送エンジニアリングはマイナス11で、前回のマイナス28からは改善した。ただ、引き続き原油安の影響によるオフショア掘削事業の低迷の見通しが影を落としている。

一般製造業はマイナス8。食品・飲料・たばこは前回のプラスマイナス0からプラス15に改善したものの、印刷と「その他の工業」が不振だった。印刷は商業印刷の受注減、「その他の工業」は建材需要の減退の見通しが重しとなった。

一方、主要6業種中、最も先行きを楽観視しているのは精密エンジニアリングで、プラス10。ただ前回のプラス27からは悪化した。半導体機器の受注拡大の見通しから、機械・システムがプラス25だった。

電子は、季節的に半導体やパソコン周辺機器などの需要が拡大すると予想され、プラス6。ただ、前回のプラス9からはやや悪化した。

7~9月期の生産量のDIは、全体でマイナス9。前回のプラス3から悪化した。輸送エンジニアリング(マイナス36)やバイオ医学(マイナス34)で悲観視する企業が多かった。

同期の雇用DIは全体でマイナス12と、前回から横ばい。石油がマイナス54で最も悪かった。

Thumb 20160801 sgd dimanu02

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 経済一般・統計

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:多民族・多宗教国家のシ…(03/30)

多民族・多宗教国家のシンガポールで生活していると、全く異なる食文化の人と交流する機会も増える。菜食主…

続きを読む

スマートグラスをホテルに提供 エプソン、域内業界で初運用(03/30)

セイコーエプソンは29日、最新の眼鏡型ウエアラブル端末モベリオ「BT―300」を、仏ホテル運営大手アコーホ…

続きを読む

亜細亜大、初の海外拠点を開設(03/30)

亜細亜大学は29日、シンガポールに初の海外拠点となる事務所を開設した。国際交流プログラムのさらなる充実…

続きを読む

16年の顧客満足度、過去最高の水準に(03/30)

シンガポール経営大学(SMU)のサービス・エクセレンス研究所(ISES)が29日発表した2016年のシンガ…

続きを読む

DHL、EC向け国際宅配で米に配送開始(03/30)

独郵便・物流大手のドイツポストDHLグループは28日、傘下のDHL eコマースが電子取引(EC)など向…

続きを読む

2月の空港利用者数、1.5%増の467万人(03/30)

シンガポールのチャンギ空港を運営するチャンギ・エアポート・グループ(CAG)は29日、2月の同空港の利…

続きを読む

車両購入権価格、4項目で上昇(03/30)

シンガポールの陸上交通庁(LTA)が29日発表した3月第2回の車両購入権(COE)入札の結果は、5項目…

続きを読む

セゾン情報、データ連携ソフトをタイ拡販へ(03/30)

セゾン情報システムズ(東京都豊島区)は28日、ファイル転送ミドルウエア「HULFT(ハルフト)」シリー…

続きを読む

半導体協会、IoT規格の国際団体と提携(03/30)

あらゆるものをインターネットにつなげる「モノのインターネット(IoT)」規格の統一を推進する国際団体…

続きを読む

NTUCとポリテク、中小のデジタル化支援(03/30)

シンガポールの全国労働組合会議(NTUC)は27日、南洋ポリテクニック(国立技術高等専門学校、NYP)…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン