デベロッパーに値上げの動き、市況好転で

香港の住宅価格が下半期(7~12月)にも好転するとの見方が強まる中、一部デベロッパーの間では値上げに向けた動きが広がっている。アナリストは、下半期に5~10%の上昇余地があるとみている。大公報などが伝えた。

地場デベロッパー大手の信和置業(サイノランド)は、2~5%の値上げに転じる方針。今月20日に発売したばかりの新界・西貢の住宅物件「逸瓏海匯(パーク・メディテラニアン)」では現行の優遇措置を取り止めた上で価格を上乗せする計画があるほか、ランタオ島南部・長沙にある「ボタニカベイ」や香港島・西半山(ミッドレベル・ウエスト)の「クリュニーパーク」などでも値上げの余地があるとみている。

会徳豊地産(ウィーロック・プロパティーズ)の黄光耀(リッキー・ウォン)常務取締役によると、同社は下半期にも5%の値上げに動く計画。このうち新界・将軍澳地区の「サバンナ」、何文田の「ワン・ホーマンティン」では市場動向に合わせる形で価格を見直す方針を決めた。

大手投資銀行は、香港の下半期の住宅価格見通しに対して楽観する見方に転じている。米投資銀行モルガン・スタンレーは、米国の利上げ先送りや香港の労働市場の安定化などを背景に住宅の購入意欲が高まり、下半期は5%上昇すると予想。米シティは下半期に8%の上昇余地があるとみている。

■中古も下げ止まり

香港地場不動産仲介大手の中原地産(センタライン・プロパティーズ)が毎週発表している中古住宅の価格指数「中原城市領先指数(CCL)」は、最新の数値(7月11~17日)が130.5となり、約5カ月ぶりに最高水準を更新した。

中原地産のリサーチ部門、中原地産研究部の黄良昇・取締役は、「英国の欧州連合(EU)離脱が決定してから、香港では中古住宅価格も上昇基調にある」と指摘。第3四半期(7~9月)のCCLの目標値は135に設定している。


関連国・地域: 香港
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

【上場企業の視点】二人っ子政策で商機拡大 健康食品の衍生集団、彭少衍会長(03/31)

第8回 香港を訪れる中国本土客を中心に人気を集める健康食品大手、衍生集団(国際)控股(HSグループ・…

続きを読む

2月小売売上高6%減、春節ずれも下げ圧縮(03/31)

香港政府統計処が30日発表した2月の小売売上高(速報値、以下同じ)は、前年同月比5.7%減の348億4,200万H…

続きを読む

利豊の新3カ年計画、運営効率化などに重点(03/31)

香港地場商社最大手の利豊(リー&フォン)は29日、経営の新3カ年計画(2017~19年)を発表し、運営の効率…

続きを読む

深セン市、日本産食品に産地情報の詳細要求(03/31)

深セン市食品薬品監督管理局は29日、同市で販売する日本産食品に対して産地情報の詳細な記載を義務付ける方…

続きを読む

アルソンズ、16年売上高は42%増の71億ペソ(03/31)

フィリピン・ミンダナオ地方で発電事業を手掛ける持ち株会社アルソンズ・コンソリデーテッド・リソーシズ(…

続きを読む

世界のワイン市場、香港・中国が伸び鮮明へ(03/31)

世界最大のワイン見本市「ヴィネクスポ」の運営業者はこのほど発表した研究リポートで、2016~20年のワイン…

続きを読む

半導体販売のUKC、香港社の転換社債取得(03/31)

半導体や電子部品の販売事業などを手掛けるUKCホールディングスは30日、全額出資子会社のUKCエレクト…

続きを読む

英生保スタンダードライフ、香港事業を売却(03/31)

英生保大手スタンダード・ライフは29日、香港法人のスタンダード・ライフ・アジアを、中国本土の合弁会社、…

続きを読む

反落、英EU離脱手続が重し=香港株式(03/31)

30日の香港株式市場は反落して終了した。英国が欧州連合(EU)離脱に向けて正式な手続きに入ったことから…

続きを読む

銀河娯楽とモナコSBM、日本進出で提携(03/31)

マカオのカジノリゾートを運営する銀河娯楽集団(ギャラクシー・エンターテインメント・グループ)は29日、…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン