ミニストップ、ベトナム50店舗に到達

ミニストップベトナムは20日、ホーチミン市1区のナムキーコイギア通りに稼働ベースで50店舗目をオープンさせた。ミニストップは昨年、ベトナムでのパートナーを地場コーヒーチェーン大手チュングエン傘下のG7S&Tから双日に切り替えて以降に出店を加速させており、年内に80店舗、2017年末までに160店舗体制を目指す。

Thumb 20160721 icn        w

ミニストップはベトナムでの店舗数が50店となった=20日、ホーチミン市

双日とパートナーを結ぶまでの17店舗体制から、1年余りでホーチミン市内で3倍に店舗網を広げた。15年から向こう10年で800店以上に拡大させる計画で、都市部での立地確保を急ぐ。

ベトナム国内のコンビニエンストアでは、不動産最大手ベトナム投資グループ(ビングループ)の「ビンマート・プラス」が650店を超えたとされ、タイ系「ビーズ・マート(B’s Mart)」は140店程度、ファミリーマートも100店を突破した。競争が激しくなる中、ミニストップは店舗網の拡大に向け、直営店に加えてフランチャイズ店の導入も検討に入る。ミニストップベトナムの前田昭彦社長は、「オーナーも稼げるような契約を考える」とし、来年にも開始する意向だ。

双日との新体制移行後に改装を進めた既存店も、「売り上げは10~15%伸びた」。ソフトクリームやおでん、弁当、おにぎりなどが人気で、今後もオリジナル商品を拡充していく。

ミニストップが傘下に入るイオングループは、ベトナムでプライベートブランド(PB)「トップバリュ」商品を開発する現地法人を立ち上げた。これまでトップバリュは日本などから輸入されていたが、ベトナム国内で調達できるようにすることで、ミニストップでも廉価な価格で食品や日用品などを提供していく。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 商業・サービス

その他記事

すべての文頭を開く

【シェアリング】グラブ、ドライバー百万人へ 雇用創出と渋滞緩和で社会変える(03/29)

ベトナムでのスマートフォンの普及と政府のIT産業の育成強化により、個人間、個人と企業間などでモノやサ…

続きを読む

【アジア労務データ集】消費者物価指数(107)(03/29)

2017年2月のタイ・インドネシア・フィリピン・ベトナム 【The Daily NNA 労務・人事・安全ニュース編集チ…

続きを読む

現代自、16年の販売台数3.7万台(03/29)

韓国・現代自動車の車両の組立生産・輸入販売を行うヒュンダイ・タインコン・ベトナム社(HTC)はこのほ…

続きを読む

自動車生産の優遇措置に懐疑論、事実誤認も(03/29)

2018年からの東南アジア諸国連合(ASEAN)域内における乗用車関税の撤廃を控え、ベトナムでの生産に優…

続きを読む

GM、SUV「シボレー・トラックス」発売(03/29)

米ゼネラル・モーターズ(GM)の現地法人GMベトナムはこのほど、主力ブランド「シボレー」の小型スポー…

続きを読む

越FPTが光通信網に年内着工、政府受注も(03/29)

ベトナムのIT最大手FPTは、ミャンマーで年内に光ファイバー敷設事業の第1期計画に着手すると明らかに…

続きを読む

ビングループ、ホイアン周辺で複合開発(03/29)

不動産開発大手ベトナム投資グループ(ビングループ)は26日、中部クアンナム省で複合施設「ビンパール・サ…

続きを読む

キャピタランド、HCM市に複合施設を開設(03/29)

シンガポールの政府系不動産開発会社キャピタランド傘下のキャピタランド・ベトナムは25日、ホーチミン市に…

続きを読む

神戸デジタルラボ、カントー大とIoT研究(03/29)

IT事業を手掛ける神戸デジタル・ラボ(神戸市)は27日、ベトナム南部カントー市のカントー大学と学術交流…

続きを読む

シェアウィズ、スマホ用の日本語教材を販売(03/29)

オンライン学習のスタートアップ企業のシェアウィズ(大阪市)は28日、日系企業で働くベトナム人を対象とし…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン