• 印刷する

いすゞMU―X、発売から1年で2万台を販売

いすゞ自動車は3日、スポーツタイプ多目的車(SUV)「MU―X」のタイでの販売が発売から1年間で2万台に到達したと発表した。1年目の販売目標達成を受け、さらに拡販する考え。

タイでいすゞ車を販売するトリペッチいすゞセールス(TIS)の中川弘志社長は3日付の声明で、「タイ人の要求や生活スタイルに応えるデザインが受け入れられた」と述べ、従来のいすゞ車ユーザーに加え、乗用車や高級SUVを利用していた新規顧客も取り込んだことで販売が伸びたと指摘した。MU―Xは発表から10日間で受注台数が5,000台に達するなど、発売当初から販売が好調だった。

MU―Xは、主力の1トンピックアップトラック「D―MAX」をベースに開発した7人乗りの乗用ピックアップトラック(PPV)で、「MU―7」の後継モデル。MU―7はタイでの販売が中心だったが、MU―Xはバンコク東郊サムットプラカン県のサムロン工場を完成車の供給拠点として海外輸出を始めた。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

【ASEAN戦略】2カ国軸に域内で出店加速 モスフード、生産拠点も視野(07/19)

1~6月の車生産は0.9%増 国内向けけん引、下期は減速予測(07/19)

1~6月の車輸出0.4%減、オセアニア縮小(07/19)

仏プジョー、マスターを販売代理店に指名(07/19)

BMWモトラッド、1~6月販売は650台(07/19)

タイ、ベトナムの車輸入規制をWTOで提議(07/19)

アルプス物流が新倉庫、東南ア最大拠点に(07/19)

インディゴ、来月22日から国際線2路線就航(07/19)

タイ航空、エアバス8機を米企業に売却へ(07/19)

複線鉄道3路線の信号設備入札、23日に実施(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン