• 印刷する

テイクオフ:「ふぅー」――湯船に浸…

「ふぅー」――湯船に浸かり手足を伸ばすと、思わず声が漏れた。日本人であることを認識する瞬間だ。マニラ市マラテにある日系の健康ランド。広々とした銭湯は貸し切りで、友人と共に風呂とサウナを行き来しながら、おしゃべりを楽しんだ。

銭湯には、ジャグジー付きのやや熱めの湯、ぬるめの湯、水風呂の3種類が設置されている。風呂に慣れていないフィリピン人客に配慮してか、「やや熱め」と言っても、長風呂を楽しむのにちょうどいい水温に設定されている。湯船に浸かっていると、日本にいるかのような錯覚に陥る。

心身ともにリフレッシュし、肌もつるつるになり、大満足で施設を後に。ぶぉーっと音を立てて走るジプニーの黒煙に巻かれ、一気に現実の世界へと引き戻された。そうだ、ここはマニラだった。また気分だけでも日本を味わいに、銭湯へ足を伸ばす日も近そうだ。(香)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

アルソンズ、発電2事業に440億円投資(06/14)

1Qの金属生産額は12%増、金増産で(06/14)

中間層拡大、モス展開の商機 合弁先CEO「20年前から視野」(06/14)

PLDT、本社再開発でNTTと協議(06/14)

アヤラ子会社、米医療技術会社に出資(06/14)

ジョリビー、米越など海外で出店攻勢(06/14)

コカコーラ、比に容器リサイクル工場建設へ(06/14)

1~4月の外国人旅行者、8.6%増の287万人(06/14)

国内線の航空旅客数、1Qは10%増の709万人(06/14)

グラブ、ハッチバック規制の緩和を要求(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン